共通 化 学 2年・通年・必修・履修2単位
担当教員 千葉 薫、砂金 孝志、久保木祐生 連絡先 
講義の概要 1学年で学んだ化学を基礎に、前期は主に電気分解、物質の三態と状態変化、気体の法則、熱化学方程式、反応速度、化学平衡などの理論面を取り扱う。後期は各族の典型元素や遷移元素について、その単体や化合物の特性について学ぶとともに、有機化合物についても炭化水素やアルコール、エーテル、アルデヒド、ケトン、カルボン酸、芳香族などの構造、性質、反応性を取り扱う。
到達目標 1. 化学結合や物質の状態変化、気体や溶液の法則などを理解できる。
2. 熱化学や電気化学、反応速度や化学平衡の理論面を理解できる。
3. 元素の周期表を基に、単体や化合物の性質が理解できる。
4. 有機化合物の基本的な性質と反応性を理解できる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 1.1年生の復習  1年生で学習した内容の総復習  
第2週 2. 電気分解(1) 電気分解の原理、各種水溶液の電気分解、ファラデーの法則  
第3週    電気分解(2) 各種水溶液の電気分解、金属の精錬  
第4週 3.物質の三態と状態変化  粒子の熱運動、分子間力と三態の変化、蒸気圧降下、状態変化とエネルギー、物質の種類と物理的性質  
第5週   気体(1) 気体の体積、ボイル・シャルルの法則、気体の状態方程式  
第6週   気体(2) 混合気体の圧力、実在気体、気体の溶解度、浸透圧  
第7週 (中間試験)  
第8週 5.化学反応とエネルギー(1) 化学反応と熱、熱化学方程式  
第9週   化学反応とエネルギー(2) 化学反応と光  
第10週 6.化学反応の速さとしくみ(1) 化学反応の速さ  
第11週   化学反応の速さとしくみ(2) 反応条件と反応速度、化学反応のしくみ  
第12週 7.化学平衡(1) 可逆反応と化学平衡  
第13週   化学平衡(2) 平衡状態の変化  電解質水溶液の化学平衡  
第14週 8. 非金属元素(1) 元素の分類と周期表
水素、希ガス元素、ハロゲン元素の単体や化合物の性質
 
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週    非金属元素(2) 酸素・硫黄,窒素・リン,炭素・ケイ素の単体や化合物の性質  
第2週 9 .金属元素(1) 典型元素(1) アルカリ金属元素およびアルカリ土類金属の単体や化合物、イオンの性質  
第3週    金属元素(1) 典型元素(2)
10.金属元素(2) 遷移元素(1)
アルミニウム・亜鉛,スズ・鉛の単体,化合物,イオンの性質
遷移元素の特徴、鉄、銅の単体や化合物、イオンの性質
 
第4週    金属元素(2) 遷移元素(2) 銀・金、クロム、マンガンの単体や化合物、イオンの性質
遷移元素の特徴、鉄、銅の単体や化合物、イオンの性質
 
第5週 11.有機化合物の分類と分析 有機化合物全般の特徴、分類法と官能基の種類
有機化合物の分離や精製法、成分元素の検出法
 
第6週 12.脂肪族炭化水素(1) アルカンの種類、立体構造や性質 / シクロアルカンや石油  
第7週 (中間試験)  
第8週    脂肪族炭化水素(2) アルケンやアルキンの種類、立体構造や性質  
第9週 13.アルコールと関連化合物(1) アルコールとエーテルの種類と性質  
第10週    アルコールと関連化合物(2) アルデヒドとケトンの種類と性質
銀鏡反応、フェーリング液の還元、ヨードホルム反応
 
第11週    アルコールと関連化合物(3) カルボン酸の種類と性質 / 光学異性体  
第12週    アルコールと関連化合物(4)  エステルの種類と性質 / 油脂やセッケン、合成洗剤  
第13週 14. 芳香族化合物(1) 芳香族炭化水素、フェノール類  
第14週     芳香族化合物(2)  芳香族カルボン酸、、芳香族アミンとアゾ化合物、有機化合物の分離  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:『化学』数研出版株式会社   参考書:『スクエア 最新図説化学』第一学習社
問題集:『2015セミナー 化学基礎+化学』第一学習社
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
抗菌、防虫、チタンコーティング、防炎カーテン、不燃ケーブル、、。世の中には魅力的な新商品が溢れています。これらの魔法のような性質を理解するため、化学ではまず、基礎的な分子の形や性質、原子同士を結ぶ結合の様式やその変化などについて学びます。化学を学べば、怪しい新素材に対して「ホント?」と疑問を持ち、自分なりにシロクロつける力がつきます。なぜ?どうやって?と具体的にその物質の不思議に興味を持つ。これぞ化学の必勝法です。