共通 国語 2年・通年・必修・履修2単位
担当教員 平本 留理 連絡先 
講義の概要 現代文、古典の総合的な学習を通して、基礎的な国語力、幅広い教養を身につけさせるとともに、思考力の伸長を図る。
到達目標 人間の生き方や人間相互の関係性(己についての理解、他者に対する共感や尊敬など)について、理解し、判断できる能力を身につける。また、共同生活に伴う協調性の涵養を目指し、コミュニケーション力を高める。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 (随想)月あかり雪あかり花あかり 四季の移ろいや自然に対する筆者のものの見方・考え方を読み取る。  
第2週     〃     〃  
第3週     〃     〃  
第4週 (説話)安養の尼の小袖 ほか 中世の説話文学を読み、それぞれの説話集編者の登場人物に対する評価について考える。  
第5週     〃     〃  
第6週     〃      〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 (短歌)実作 自らの思いを韻文の形で表現する。  
第9週 (短歌)風が来てささやくやうに 近現代の韻文を鑑賞しその韻律を味わうとともに、その中に歌われた日本人の自然観、美意識について、理解を深める。  
第10週     〃     〃  
第11週 (故事・逸話)推敲 ほか なじみ深い故事成語の典拠を原文で読み、その成り立ちを理解する。  
第12週     〃     〃  
第13週 (小説)夜中の汽笛について、あるいは物語の効用について 短い小説を読み、表現の特色をとらえるとともに、主人公の心情を読み取る。  
第14週     〃     〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 (随筆)ゆく河の流れ 名文と呼ばれる『方丈記』の冒頭を音読し、リズムを確認するとともに、中世日本人の人間観を理解する。  
第2週     〃     〃  
第3週 (小説)山月記 主人公の立場、状況を把握し、この小説が読者にどのようなことを語りかけているのかという点について、考えを深める。  
第4週     〃     〃  
第5週     〃     〃  
第6週     〃 【グループ討議・発表】 登場人物の立場をはじめ、この小説から感じたことをグループで話し合い、発表する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 (実用的な文章)報道文と判決文 実用的な文章に触れ、それぞれの文章がどのような特徴を持っているのかを理解する。  
第9週 (評論)「間」の感覚 日本人の美意識や倫理観、さらに日本文化に対する筆者の考えを読み取る。  
第10週     〃     〃    
第11週     〃     〃  
第12週 (詩)竹里館 ほか 唐代の詩の数編に触れ、表現の奥深さを知ると共に、微細に表現される人間観などを理解する。    
第13週     〃     〃  
第14週     〃     〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 E、Fに対応 達成項目本科ト)、チ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:「高等学校現代文B」(明治書院)、「高等学校古典B」(明治書院)
参考書:「新総合図説国語」(東京書籍)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%、提出物等の成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
積極的な姿勢で授業に臨みましょう。さまざまな文章に触れ、一語一語を丁寧に読み解きながら、自己や他者に対する理解、そして日本文化に対する理解をより深めてほしいと願っています。予習・復習の際には、学習する箇所をよく読み、意味のわからない語についてはこまめに辞書を引くようにしてください。