共通 芸術 1年・通年・必修・履修1単位
担当教員 与那覇 大智、田盛 早苗 連絡先 
講義の概要 美術や音楽の諸活動を通して創造的な表現の能力を伸ばし、鑑賞の能力を高めるとともに、芸術に対する豊かな感性と芸術を愛好する心情を養う。
到達目標 1.自己の表現能力を高める 
2.自分らしい表現を発見し、作品の中に活用する
3.完成した作品の中に現れた 自己を再認識する
4.歌唱―様々な曲の歌唱を通して歌う楽しさを味わい、発声の基本を身につけ合唱の基本を学ぶ
5.器楽―リコーダー、ギター、ハンドベル、ピアノ等の楽器に親しみアンサンブル活動をする
6.鑑賞―西洋音楽、日本の伝統音楽、民族音楽の鑑賞を通して音楽的視野を広げる
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 イントロダクション 自己紹介、美術の授業の進め方等について説明  
第2週 手を描く(1) 自分の手を描く(素描)  
第3週 手を描く(2) 自分の手を描く(素描2)  
第4週 身近なものを描く(1) 文具・靴などを任意に選んで描く(素描)  
第5週 身近なものを描く(2) 絵具の特性に留意して制作する(着彩)  
第6週 身近なものを描く(3)      〃        (着彩2)  
第7週 (中間試験)                 
第8週 身近なものを描く(4)      〃        (着彩・仕上げ)  
第9週 想像による絵画(1) 現実にとらわれない絵画を描く(導入・構想)  
第10週 想像による絵画(2) アイデアスケッチ  
第11週 想像による絵画(3) 下書き(1)  
第12週 想像による絵画(4) 下書き(2)  
第13週 想像による絵画(5) 本画制作(着彩)  
第14週 想像による絵画(6) 本画制作(着彩2)  
第15週 (期末試験)  
第16週 想像による絵画(7) 本画制作(着彩・仕上げ)  
後期 第1週 みんなで歌おう カントリーミュージック、日本のポピュラーソングを楽しむ  
第2週   〃      〃  
第3週 歌曲の世界 発声法を身につける  
第4週   〃 日本の歌、イタリアの歌、ドイツリートに親しむ  
第5週   〃 言語で歌う、発声に注意する  
第6週 合唱曲 男声4部、混声4部合唱  
第7週 (中間試験)     
第8週 合唱の楽しみ 男性4部、混声4部合唱  
第9週 オペラ、ミュージカル 鑑賞、原語で歌う  
第10週 映画音楽      〃  
第11週 ワールドミュージック 世界の音楽を楽しむ、言語で歌う  
第12週   〃      〃  
第13週 グループ活動発表 グループ活動した曲を発表、皆で鑑賞  
第14週 西洋音楽 歴史を知り鑑賞  
第15週 (期末試験)  
第16週 日本音楽 鑑賞し歌ってみる  
履修上の注意 前期は美術(与那覇)、後期は音楽(田盛)をおこなう。
学習教育目標 Eに対応 達成項目本科ト)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:前期(美術):なし 後期(音楽):山本文茂他「新高校の音楽Ⅰ」「音楽之友社」
参考書:必要に応じてプリントした楽譜を配布(後期:音楽)
評価方法及び
合格基準
前期は課題ごとに提出された作品で評価し、後期はグループ活動発表とレポート80%、日頃の活動20%で評価し、前後期の平均が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
グループ活動では、合唱、器楽アンサンブル、軽音楽等好きなジャンルの音楽を楽しみましょう(後期:音楽)