共通 国語 1年・通年・必修・履修3単位
担当教員 桐生 貴明・加藤 文彬 連絡先 
講義の概要 現代文・古典の総合的な学習を通して、基礎的な国語力、幅広い教養を身につけさせるとともに、思考力の伸長を図る。
到達目標 文章を的確に理解するとともに、言語感覚を磨き、自分の考えを持ってそれを表現できるようにする。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 ガイダンス 1年間の学習内容を理解する。  
第2週 (随想)どうすれば虹の根もとに行けるか
(古文)宇治拾遺物語「ちごのそら寝」
(随筆)本文の内容と筆者の主張を理解する。
(古文)本文を正しく音読し、大まかに内容を理解する。
 
第3週     〃     〃  
第4週 (短歌)白鳥は哀しからずや
(漢文)訓読
(短歌)短歌を鑑賞し、韻文ならではの表現の妙を知る。
(漢文)漢文の基礎的事項と訓読の仕方を理解する。
 
第5週     〃     〃  
第6週     〃     〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 (評論)水の東西
(漢文)故事「守株」他
(評論)本文の内容と論の展開、筆者の主張を理解する。
(漢文)正しい訓読の仕方と本文の内容を理解する。
 
第9週     〃     〃  
第10週     〃     〃  
第11週 (俳句)万緑の中や
(漢文)故事「守株」他
(俳句)俳句を鑑賞し、韻文ならではの表現の妙を知る。
(漢文)正しい訓読の仕方と本文の内容を理解する。
 
第12週 (俳句)万緑の中や
(古文)土佐日記「門出」
(俳句)俳句を鑑賞し、韻文ならではの表現の妙を知る。
(古文)本文の内容と平安文化について理解する。
 
第13週 (詩)甃のうへ
(古文)土佐日記「門出」
(詩)詩に表現された世界への理解を深める。
(古文)本文の内容と平安文化について理解する。
 
第14週     〃     〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 (小説)羅生門
(古文)伊勢物語「芥川」
(小説)本文を読み、大筋を理解するとともに、作品解釈のために思索を深める。
(古文)本文の内容と歌物語の特色を理解する。
 
第2週     〃     〃  
第3週     〃     〃  
第4週 (小説)羅生門
(漢文)論語
(小説)作品解釈について、グループで意見交換をする。
(漢文)本文の内容と、その思想について理解する。
 
第5週 (評論)時間をめぐる衝突
(漢文)論語
(評論)本文の論点を整理し、筆者の主張を理解する。
(漢文)本文の内容と、その思想について理解する。
 
第6週     〃     〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 (評論)世界中がハンバーガー
(古文)和歌
(評論)筆者の主張を理解し、自分の考えを持つ。
(古文)三大和歌集に収載される歌々を味読するとともに、和歌独特の修辞について確認する。
 
第9週     〃     〃  
第10週     〃     〃  
第11週 (評論)「思われる」と「考える」
(古文)和歌
(評論)筆者の主張を理解し、日本人のものの見方、考え方の特色について考える。
(古文)三大和歌集に収載される歌々を味読するとともに、和歌独特の修辞について確認する。
 
第12週 (評論)「思われる」と「考える」
(漢文)十八史略「鶏口牛後」
(評論)筆者の主張を理解し、日本人のものの見方、考え方の特色について考える。
(漢文)本文の内容を理解し、その主張を読み取る。
 
第13週     〃     〃  
第14週     〃     〃  
第15週 (期末試験)        
第16週 総復習        
学習教育目標 E、Fに対応 達成項目本科ト)、チ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:久保田淳他「高等学校国語総合」(明治書院)、参考書:「カラー版新国語便覧」(第一学習社)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績90%、提出物等の成績10%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
人と人とは表現によってつながっていきます。様々な表現を丁寧に読み、さらに考えたことを自らの言葉で表現する力をつけていきましょう。予習・復習の際にはこまめに辞書を引く癖をつけてください。