AIコース オペレーティングシステム 2年・後期・選択・学修2単位
担当教員 松崎 周一 連絡先 
講義の概要 オペレーティングシステムの基本的な考え方や手法を学ぶ。
到達目標 1.オペレーティングシステムの位置付け・役割を理解する。
2.プロセス管理やファイルシステムなどの基本的な技術を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 オペレーティングシステムとは オペレーティングシステムの歴史,構成要素  
第2週 カーネル カーネルの位置付け、モノリシックカーネルとマイクロカーネル  
第3週 プロセスの管理とマルチプログラミング プロセスの基本、プロセスの遷移、マルチプログラミングの考え方  
第4週 スケジューリングアルゴリズム 到着順(FCFS)、最短時間順(SJF)、優先度順、ラウンドロビン、多重レベルスケジューリングの必要性  
第5週 プロセスの同期 並行プロセスの実現と同期  
第6週 プロセス間通信 プロセス間の情報のやりとり、クライアント・サーバモデル  
第7週 (中間試験)  
第8週 実記憶の管理 記憶装置の階層、主記憶のアドレッシング、記憶保護  
第9週 仮想記憶の管理(1) 仮想記憶の基本、アドレス変換、ページング、セグメンテーション  
第10週 仮想記憶の管理(2) 各種管理技法、スラッシング、局所性  
第11週 ファイルシステム(1) ファイルの基本、ファイル構造  
第12週 ファイルシステム(2) ファイル操作、ディレクトリ、ファイル保護  
第13週 割込みと入出力(1) 割込みの役割、割込みの制御  
第14週 割込みと入出力(2) 入出力機器の制御  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
履修上の注意 受講生の理解度等に応じて、講義内容を若干変更することがあります。
学習教育目標 Bに対応 達成項目専攻科ロ)、ハ)に対応 JABEE
認定基準
(B-1,-2),(d)-(1),(d)-(2)-a) に対応
教科書・参考書 プリントを配布する。
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
オペレーティングシステムが担っているプログラム実行や各種ハードウェアの管理に関する基礎技術について学ぶ。操作プログラム(デスクトップ環境)について学ぶ科目ではないことに注意すること。次の講義内容についてプリントを毎回配布するので予習すること。また,講義ノートや例題を見直し復習すること。