AMコース 流体力学 1年・前期・選択・学修2単位
担当教員 柴田 裕一 連絡先 
講義の概要  実在の流体現象を理解するため粘性を考慮した流体を取り扱い、流体の諸特性を理解する。特に、境界層理論や乱流についてその物理的解釈を学ぶ。さらに、物体まわりの流れについて学び、流体工学の応用分野への展開を理解してもらう。
到達目標 1. 流体工学の力学的な現象を、運動方程式を解いて理解する。
2. さまざまな流体現象を理解できるようにする。
3. 流体工学の応用分野を理解できるようにする。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 流体運動の基礎方程式(1) 連続の式や渦なしの条件等について理解する。  
第2週 流体運動の基礎方程式(2) EulerとLagrange式記述を理解する。  
第3週 非圧縮性非回転流体の流れ(1) ポテンシャル流れを理解する。  
第4週 非圧縮性非回転流体の流れ(2) 等角写像による解法を理解する。  
第5週 Navier-Stokesの方程式(1) Navier-Stokesの方程式を誘導する。  
第6週 Navier-Stokesの方程式(2) Navier-Stokesの方程式の解法を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 粘性流体(1) 粘性流体の性質を理解する。  
第9週 粘性流体(2) 粘性流体の応用問題を解く。  
第10週 境界層(1) 境界層を理解する。  
第11週 境界層(2) 境界層方程式を解く。  
第12週 境界層(3) 境界層の応用問題を解く。  
第13週 流体中の物体に働く流体力(1) 物体まりの流れを理解する。  
第14週 流体中の物体に働く流体力(2) 物体まわりの流れの応用問題を解く。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期の内容を復習する  
学習教育目標 Bに対応 達成項目専攻科ロ),ハ)に対応 JABEE
認定基準
(B-1,-2),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:流体力学(基礎と演習)(パワー社)
参考書:角谷典彦「連続体力学」(共立出版)
評価方法及び合格基準 評価については、定期試験の成績を60%、レポートの総点を40%で評価し、60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
本科で学んだ流体工学の知識をさらに発展する内容となっている。講義ノートの内容を見直し、講義に関係する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。