専共通 現代英語Ⅱ 2年・後期・選択・学修2単位
担当教員 奥山慶洋、名畑目真吾 連絡先 
講義の概要 学生に英語でプレゼンテーションをしてもらい、担当教員から指導を受ける。
担当教員は、英語論文の構成、資料の図示の方法、英語の発音、ジェスチャーに至るまで発表全般にわたって指導を行う。
到達目標 英語で学術論文の発表ができる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 オリエンテーション 授業の進め方  
第2週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第3週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第4週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第5週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第6週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第7週 中間試験  
第8週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第9週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第10週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第11週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第12週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第13週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第14週 学生のプレゼンテーション 口頭発表の技術  
第15週 期末試験  
第16週 総復習  
学習教育目標 Fに対応
達成項目専攻科リ)に対応
JABEE
認定基準
(F-2),(f)に対応
教科書・参考書 小林敏彦、ショーンM.クランキー「Yor First Speech and Presentation」
南雲堂(現代英語Ⅰからの継続使用)
評価方法及び合格基準 学生は中間試験と期末試験での「本番」発表が70%、普段の授業中の「練習」発表の取り組みが30%で算出し、60点以上を合格とする。
学生への
メッセージ
授業以外でも英語を話す練習を心がけてください。