専共通 実務研修 1年・集中・必修・学修3単位
担当教員 池田 耕、堀 利浩、滝沢 陽三、
宮下 美晴、鈴木 康司
連絡先 
講義の概要 企業での就業体験を通して、実践的技術感覚、生産システムや生産管理手法などの知識を身につけるとともに、ものづくりの現場への関心と理解を深める。
到達目標 1.企業における課題、作業に積極的、自発的に取り組む姿勢を身につける。
2.実務上の課題を理解し、解決に向けて取り組むことができる。
3.課題の解決に必要なコミュニケーション能力を高める。
4.職場における規律を遵守する態度を身につける。
学期授業項目理解すべき内容
前期1.実習期間は休業中の3週間以上であることを原則とする。
2.5月上旬に説明会を実施するので、実習を希望する学生は必ず出席す  ること。
3.説明会実施後に、実習を受け入れる企業名、実習期間、学内選考日等  の情報を掲示により連絡するので、掲示に従って所定の手続きをする  こと。
4.インターネット等で一般公募されたものについても、本校の条件を満  たしていれば単位として認める場合もあるので、その際は必ず応募す  る前に所属するコースのコース主任に相談すること。
5.実施予定者は、夏休み前にガイダンスを実施するので、必ずそれを受  講すること。
6.実習修了後、定められた期間までに指定された書類を提出すること。
後期
履修上の注意 実務研修、海外実務研修のいずれか1科目修得すること。
学習教育目標 B,Fに対応 達成項目専攻科ホ、リ)に対応 JABEE
認定基準
(B-5),(F-1),(d)-(2)-d),(f),(g)に対応
教科書・参考書
評価方法及び合格基準 成績の評価は、研修機関等が証明する「インターンシップ実施証明書」で行い、その成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
この科目は、就業体験を通して、企業がどのような人材を求めているかを認識し、自分の適正や目標を再認識するための機会としても活用すること。また、職場における人間関係など学校では習得しにくい事柄も学んできて欲しい。