専共通 有機材料概論 1年・後期・選択・学修2単位
担当教員 宮下 美晴 連絡先 
講義の概要 現在使用されている有機材料の大半を占める「高分子材料」とはどんなものかを解説する。また、高分子材料の物性をどのように評価し、それから何がわかるかを解説する。
到達目標 1.高分子材料とは何かを理解する。
2.高分子材料の物性をどのように評価するかを理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 高分子材料概論1 高分子とはどの様なものかを知る。高分子材料の分類を知る。  
第2週 高分子材料概論2 高分子材料の利用の歴史および代表的な用途を知る。  
第3週 高分子材料概論3 高分子の平均分子量と高分子の化学構造の基礎について理解する。  
第4週 高分子材料概論4 高分子の作り方の基礎について知る。  
第5週 ポリエチレンとポリプロピレン 代表的なポリオレフィンである、ポリエチレンおよびポリプロピレンについて知る。  
第6週 汎用のビニルポリマー ポリスチレン、ポリ塩化ビニルなど、一般によく利用されるビニルポリマーについて知る。  
第7週 (中間試験)  
第8週 ポリエステルとポリカーボネート PETに代表されるポリエステル、およびポリカーボネートについて知る。  
第9週 ナイロン いわゆるナイロンと呼ばれるポリアミドについて知る。  
第10週 液晶 高分子材料とならび重要な有機材料として利用されている液晶とは何か知る。  
第11週 高分子の熱転移挙動 高分子の状態(結晶、ガラス、液体など)と熱転移挙動について理解する。  
第12週 高分子の熱分析 高分子材料の熱的性質をどのように評価するか知る。  
第13週 高分子の力学試験 高分子材料の力学的性質の評価法の代表例として、引張試験について理解する。  
第14週 クリープと応力緩和 クリープおよび応力緩和とはどのような現象か知る。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでのまとめと復習  
履修上の注意 ACコースの学生は受講できない。
学習教育目標 Bに対応 達成項目専攻科ロ)、ハ)に対応 JABEE
認定基準
(B-1,-3),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:特に指定しない(必要に応じてプリントを配布する)
参考書:今井淑夫、岩田薫「高分子構造材料の化学」(朝倉書店)
    井上祥平、宮田清蔵「高分子材料の化学」(丸善)
評価方法及び合格基準 成績の評価は中間試験と期末試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
各種有機・高分子材料とはどんなものなのかを知ってほしい。なお、受講する者は有機化学および物理化学の基礎について理解していることが望ましい。
毎回の授業後には、ノートの内容や配布したプリントを見直して復習すること。また、授業時に示す次回予定の内容に関して、参考書を読むなどして予習しておくこと。