専共通 量子力学 1年・後期・選択・学修2単位
担当教員 渡邊 義孝 連絡先 
講義の概要 現在の原子分子の最先端の現象を理解するためには,量子力学的な考え方が必要である。この分野を理解するための基礎概念を解説する。
到達目標 1.量子力学の基礎概念を理解すること。2.量子力学の基礎的な演習問題を実際に解けるようになること。 
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 1.光と物質の波動性と粒子性 物質波,波動性、粒子性  
第2週 2.不確定性原理 不確定性原理  
第3週 3.調和振動子 調和振動子  
第4週 4.Schrodingerの波動方程式 1)自由粒子  
第5週 2)井戸型ポテンシャル  
第6週 3)一次元の衝突の問題 トンネル効果  
第7週 5.水素原子および水素類似原子 1)水素原子のSchrodingerの波動方程式の解  
第8週 2)水素類似原子  
第9週 6.時間を含まない場合の摂動論 摂動論 ヘリウム原子の基底状態  
第10週 7.時間を含む摂動論 時間的に変わる摂動  光の誘発射出と誘発吸収  
第11週 8.変分法 変分法 一次元調和振動子 ヘリウム原子  
第12週 9.角運動量と電子スピン 1)角運動量  
第13週 2)電子スピン  
第14週 10,多粒子系 1)パウリの排他原理 2)スレーター行列式 3)ハートレーとハートレーフォックのつじつまの合う方法  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Aに対応 達成項目専攻科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-1),(C)に対応
教科書・参考書 教科書:原島 鮮 『初等量子力学』 裳華房
評価方法及び合格基準 成績の評価は、期末試験の成績を80%,宿題の成績を20%で算出し,60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
本講義では,量子力学の基礎概念を理解し、理論的に解くことによりいろいろな実験的現象を研究するための手段として使用して欲しい。講義ノートや配付プリントの内容を見直し、理解不十分なところがあれば教科書や参考書で調べたり、教師に聞くなどして解決して下さい。課題が出された場合には、期限までに完成し提出して下さい。