物質 応用物理化学演習 5年・前期・選択・履修1単位
担当教員 ルイス グスマン、山形 信嗣 連絡先 
講義の概要 化学工業における化学的物理的変化に基づく諸量の関係を、例題を解説しながら諸原理や法則の上に立って理解させる。単に暗記的な学習ではなく、実用的な化学のおもしろさについて計算を通して知ってもらう。前半は物理化学の演習を行い、後半は、5年「化学工学Ⅱ」の講義を補う形で演習を行う。専攻科入学や大学編入学対策等にも役立たせる。
到達目標 1.基礎化学をベースに、物理化学一般(物質収支、化学平衡、反応速度、束一的性質)の計算問題を中心に実用的な問題を解ける実力を身に付ける。
2.物理化学の応用編である化学工学の各種単位操作の計算を通して、設計・操作などの実用性を身に付ける。
3.大学編入学または専攻科入学に関する過去の試験問題を解ける力を身に付ける。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 化学量論  化学量論関係(反応式と質量・体積関係)に関する演習  
第2週 化学平衡(1) 化学平衡に関する演習  
第3週 化学平衡(2) 化学平衡に関する演習  
第4週 反応速度(1) 一次反応および二次反応に関する演習  
第5週 反応速度(2) 複合反応に関する演習  
第6週 束一的性質 凝固点降下、沸点上昇、浸透圧に関する演習  
第7週 (中間試験)  
第8週 総復習 総復習  
第9週 蒸発 蒸発に関する演習  
第10週 調湿 調湿に関する演習  
第11週 乾燥 乾燥に関する演習  
第12週 蒸留 蒸留に関する演習  
第13週 吸収 吸収に関する演習  
第14週 抽出 抽出に関する演習  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応
達成項目本科イ)、ロ)に対応
JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応     
教科書・参考書 教科書:特になし
参考書:特になし
演習書:プリントを配布する。
評価方法及び合格基準 成績の評価は、物理化学演習、化学工学演習いずれも定期試験の成績80%、および小テストの成績20%で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
前半の物理化学演習では毎時間、その日の講義内容について、小テストを行うので講義中に理解し、質問があればその場で聞くこと。電卓の使用可。後半の化学工学演習でも小テストを行う。電卓携帯すること。授業の事前に教科書・化学工学のノートを復習しましょう。授業後教科書や参考書の問題集の解答が望ましい。