物質 有機化学Ⅱ 4年・通年・選択・学修2単位
担当教員 小松崎 秀人 連絡先 
講義の概要 有機化学は炭素、窒素、酸素など生物内に見出される原子が関係する化学である。最近はその発展がめざましく、複雑な構造を有する化合物の合成へと展開されるようになった。しかし、どんなに素晴らしい反応が開発されても、基本を身に付けていなければ、それを理解することは出来ない。本講義では、3年次で習得した有機反応を電子論と官能基の性質に基づいて学び、全体的に有機化学の基本と応用を習得できるように解説する。
到達目標 1.官能基の化学(性質・反応性)を理解する。
2.電子の流れを意識して、有機反応・反応機構を考える。
3.有機反応を反応別(付加、置換など)に分類できるようになること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 電子論に基づいた炭化水素の合成と反応性 炭化水素の合成、電子論に基づいた反応性  
第2週 電子論に基づいた炭化水素の反応性 電子論に基づいた環状炭化水素の反応性  
第3週 電子論に基づいたハロゲン化アルキルの合成 ハロゲン化アルキルの合成  
第4週 電子論に基づいたハロゲン化アルキルの反応性 電子論に基づいたハロゲン化アルキルの反応性  
第5週 電子論に基づいたアルコールの合成 アルコールの合成  
第6週 電子論に基づいたアルコールの反応性 電子論に基づいたアルコールを用いた反応性  
第7週 (中間試験)  
第8週 電子論に基づいたカルボニル化合物の合成 カルボニル化合物の合成  
第9週 電子論に基づいたカルボニル化合物の反応性 電子論に基づいたカルボニル化合物の特徴的な反応性  
第10週 電子論に基づいたアミン化合物の合成 アミン化合物の合成  
第11週 電子論に基づいたアミン化合物の反応性 電子論に基づいたアミン化合物の特徴的な反応性  
第12週 電子論に基づいた芳香族化合物の合成 芳香族化合物の合成  
第13週 電子論に基づいた芳香族化合物の反応性(1) 電子論に基づいた芳香族化合物の特徴的な反応性  
第14週 電子論に基づいた芳香族化合物の反応性(2) アルキル化、アシル化、ニトロ化など  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期分の総復習  
後期 第1週 有機化合物の構造と命名 国際命名法に基づいた有機化合物の命名法  
第2週 σ結合とπ結合 各結合の差違  
第3週 酸と塩基 有機化合物における酸・塩基、その強弱の基本概念  
第4週 付加反応(1) 付加反応を大別、求電子付加の基本  
第5週 付加反応(2) 求電子付加の応用、求核付加の基本  
第6週 付加反応(3) Grignard試薬を用いた反応、分子付加  
第7週 (中間試験)  
第8週 置換反応(1) 求核置換の基本  
第9週 置換反応(2) 求核置換の応用、求電子置換の基本  
第10週 置換反応(3) Friedel-Crafts反応、配向性  
第11週 脱離反応(1) 脱離反応の概念  
第12週 脱離反応(2) Saytzeff則、Hofmann分解  
第13週 転位反応 各転位反応  
第14週 酸化・還元反応、縮合反応 各反応の基本と応用  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 後期分の総復習  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-1),(c)に対応
教科書・参考書 教科書: マクマリー「有機化学概説(第6版)」(東京化学同人)
     蝦名・小松崎 共編「有機化学テキスト」(茨城高専・物質工学科)
参考書: ウェイド「有機化学」(丸善)
     ブルース「有機化学概説」(化学同人)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。  
学生への
メッセージ
 有機化学は”暗記教科”ではなく、各官能基の化学や電子論や反応パターンがわかれば、かなり理解できるはずです。そんな一面を感じてみませんか。
 3年生の講義内容の応用になるので、毎回しっかり復習しておくこと。講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題や演習問題を解いておくこと。講義内容で示した次回分の内容を予習しておくこと。