物質 物質工学実験I (機器分析実験) 4年・通年・必修・履修4単位
担当教員 蝦名 不二夫、石村 豊穂 連絡先 
講義の概要 3年次に学習した機器分析の講義内容について、実際に機器を操作することにより体験的に修得することを目的とする。機器分析は、有機化学、無機化学、生物化学等のあらゆる分野で必要とされる基本的な実験項目であり、原理の理解と操作の習得を目指す。これはPBLを含む学生実験であり、有機未知物質について、種々のスペクトルを自ら測定し、得られた結果を用いてその構造決定を行う。結論に至るまでの論理プロセスをまとめ、最後にプレゼンテーションする。また、検量線による濃度計算ではコンピュータを用い、解析能力を養う。
到達目標 1.実験装置・器具・情報機器等を利用して目的を達成する手法を理解・習得する。
2.実験・演習を通じて工学の基礎に係わる知識を理解する。
3.実験から得られたデータや演習内容について工学的に考察し説明・説得できる。
4.コンピュータを用い、情報を収集したり、データを分析したりすることができる。
5.与えられた制約の下で、自主的に問題解決に取り組むことができる。
6.自らの考えを論理的に記述しすることができる。
7.討議やコミュニケーションすることができる。
実験テーマ理解すべき内容 担当者
前期 オリエンテーション(1週) 機器の種類と実験内容の説明、および安全指導 蝦名、石村
可視吸収スペクトル分析(2週) 吸光光度法を基礎としたモル比法による錯体の組成決定 蝦名、石村
紫外吸収スペクトル分析(2週) 芳香族有機化合物のUV測定と分子軌道法による解釈 蝦名、石村
赤外吸収スペクトル分析(2週) 各種有機化合物のIR測定と特性吸収帯の一般則の確認 蝦名、石村
ガスクロマトグラフ分析(2週) 各種アルコールのGC挙動の測定と内部標準法による定量 蝦名、石村
高速液体クロマトグラフ分析(2週) ベンゼン誘導体の逆相系HPLCの分離挙動と定量 蝦名、石村
未知試料の構造決定(4週) UV、VIS、MS、NMRによる有機未知試料の構造決定、プレゼンテーション 蝦名、石村
実験報告書の書き方(1週) 化学レポートの書き方と効果的な表現法 蝦名、石村
後期 前期と同じ 前期と同じ 前期と同じ
履修上の注意 クラスを2つのグループに分けて「物質工学実験Ⅰ(物理化学実験)」と本実験(機器分析実験)とに配属し、前期と後期で入れ替わって両方の実験を履修する。物質工学実験Ⅰ(物理化学)と併せて4単位。
学習教育目標 A, B, Fに対応 達成項目本科イ)、ロ)、ニ)、 チ)に対応 JABEE
認定基準
(A-3), (B-1), (B-5), (F-1), (c), (d)-(1), (d)-(2)-b), (d)-(2)-d), (f), (h)に対応
教科書・参考書 教科書:物質工学科編集「機器分析実験テキスト」配布
参考書:庄野、脇田「入門機器分析化学」(三共出版)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、実験への取り組み状況50%、レポートの内容50%で評価し、総合評価60点以上の者を合格とする。ただし、提出すべきレポートのうち1通でも未提出のものがある場合には不合格とする。なお、定められた期限内にレポートが提出されなかった場合は減点する。
学生への
メッセージ
実験に際しては必ず事前にテキストを読み,実験目的や手順を勉強するとともに,3年次の機器分析を復習してくること。