物質 物質工学実験I(無機化学実験) 3年・通年・必修・履修3単位
担当教員 砂金 孝志、小松崎 秀人 連絡先 
講義の概要 無機化学で習った知識を実験を通して体得すると同時に、実験の基本的操作・技術を習得する。また、合成した物質を粉末X線回折装置や分光光度計を使って同定する。
到達目標 1.実験装置・器具・情報機器等を利用して目的を達成する手法を理解・習得する。
2.実験・演習を通じて工学の基礎に係わる知識を理解する。
3.実験から得られたデータや演習内容について工学的に考察し説明・説得できる。
4.自らの考えを論理的に記述しすることができる。
5.討議やコミュニケーションすることができる。
実験テーマ理解すべき内容 担当者
前期 オリエンテーション(0.5週) 無機実験における安全教育、レポートの書き方などのオリエンテーションを行うので、それを十分に理解する。 砂金、小松崎
硫酸銅の合成(2週) 硫酸銅の合成実験を通して、ろ過、濃縮、乾燥、再結晶などの実験の基本操作を学ぶ。 砂金
鉛化合物の合成と粉末X線回折法による同定(3週) 四酸化三鉛の合成を通して、「焼く」、「煎る」などの技法を学ぶ。また、X線回折法の基本原理を理解する。 小松崎
コバルト(III)錯体の合成と色(3週) 3種のコバルト錯体を合成し、錯体の色の原因について理論的に理解する。 砂金
pH滴定による酢酸のpKaの測定(1.5週) pH滴定曲線の解析から、弱酸性の酸解離定数(Ka)を求める原理を学ぶ。 小松崎
アンモニアソーダ法による炭酸ナトリウムの合成(2週) アンモニアソーダ法の原理を学ぶと共に、炭酸イオンと炭酸水素イオンの違いを理解する。 小松崎
オストワルド法による硝酸の合成(2週) 接触酸化法により硝酸を合成することで、気相反応を行う上での基本操作を学ぶ。 砂金
ガラス細工(1週) ガラス細工の基礎技術を“直管つなぎ”を行うことで習得する。 砂金
後期 前期に同じ 前期に同じ
履修上の注意 物質工学実験I(有機化学実験)と併せて3単位。
学習教育目標 A,B,Fに対応 達成項目本科イ)、ロ)、チ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:茨城高専物質工学科編 「無機化学実験」
評価方法及び合格基準 実験への取り組み状況50%、レポートの内容50%で評価する。有機化学実験と合計して平均点60点以上の者を合格とする。ただし、提出すべきレポートのうち1通でも未提出のものがある場合には不合格とする。なお、定められた期限内にレポートが提出されなかった場合は減点する。
学生への
メッセージ
各実験テーマの目的と内容を十分予習の上、実験に臨んで欲しい。保護メガネは必ず持参すること。なお、本実験は、有機化学実験と対をなし、クラスの半数が無機化学実験を、残り半数が同時に有機化学実験を行う。