物質 有機化学I 3年・通年・必修・履修2単位
担当教員 岩浪 克之 連絡先 
講義の概要 有機物質は自然界に存在する基本的な構成要素であり、石油から医薬品、生物に至るまで膨大な化合物群を構成している。これらの基礎的な化合物群を理解できるよう、4年次の有機化学で展開する内容と併せて学習することにより、無理なく体系的に理解できるようにしている。3年生で実施する物質工学実験Ⅰ(有機化学実験)とも関連し、有機化学に対する理解を深めている。
到達目標 1.IUPAC命名法の基本を理解し、炭素数が6までの基礎的有機化合物の名称と構造が書けるようになる。
2.混成軌道の概念を理解し、空間的に安定な分子の立体構造を表現できるようになる。
3.共有結合における分極の作用により、有機化合物がイオン反応を起こす原因を理解できるようになる。
4.主な有機反応のイメージを理解できるようになる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 構造と結合 原子の構造、共有結合、混成軌道  
第2週 酸と塩基 電気陰性度、酸と塩基の定義  
第3週 アルカン(1) アルカンの命名法と性質、化学構造の表し方  
第4週 アルカン(2) シクロアルカンの命名法、立体配座  
第5週 アルケン(1) アルケンの命名法、E, Z命名法  
第6週 アルケン(2)、アルキン アルケンの反応、Markovnikov則、アルキンの命名法とその反応  
第7週 (中間試験)  
第8週 芳香族化合物(1) 芳香族化合物の命名法、芳香族性  
第9週 芳香族化合物(2) 芳香族求電子置換反応、置換基効果  
第10週 立体化学(1) 構造異性体と光学異性体の違い、構造の表し方  
第11週 立体化学(2) R, S命名法、ジアステレオマー、メソ化合物  
第12週 ハロゲン化アルキル(1) ハロゲン化アルキルの命名法、ハロゲン化アルキルの合成法  
第13週 ハロゲン化アルキル(2) 求核置換反応、脱離反応  
第14週 演習 これまでのまとめと演習  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 アルコール・エーテル(1) アルコールの命名法と性質、アルコールの合成と反応  
第2週 アルコール・エーテル(2) エーテルの命名法と性質、エーテルの合成と反応  
第3週 アルデヒドとケトン(1) アルデヒドとケトンの命名法、アルデヒドとケトンの合成法  
第4週 アルデヒドとケトン(2) アルデヒドの反応、アセタールの合成、Grignard反応  
第5週 カルボン酸(1) カルボン酸とその誘導体の命名法と性質  
第6週 カルボン酸(2) カルボン酸とその誘導体の合成と反応  
第7週 (中間試験)  
第8週 カルボニル化合物の反応(1) ケト-エノール互変異性、エノラートイオンの生成  
第9週 カルボニル化合物の反応(2) アルドール反応、Claisen縮合反応  
第10週 アミン アミンの命名法と性質、アミンの合成と反応  
第11週 炭水化物 炭水化物の分類、Fischer投影式、単糖類と多糖類  
第12週 アミノ酸・ペプチド・タンパク質 アミノ酸の分類、タンパク質の分類と構造  
第13週 脂質・核酸 脂質の種類、DNAの構造  
第14週 演習 これまでのまとめと演習  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:マクマリー「有機化学概説(第6版)」(東京化学同人)
評価方法及び合格基準 演習課題・小テスト・ホームワーク30%、試験の成績70%で評価する。前後期成績の平均点が60点以上の学生を合格とする。
学生への
メッセージ
2年生までで学習した化学、有機化学Iが基礎となっている。事前に復習しておくこと。
本教科目は専門基礎科目であり、物理化学、生物工学、環境化学、材料科学、有機合成化学、高分子化学等の授業の基礎となる科目である。主体的、積極的取り組んでもらいたい。なお、4年生で学習する有機化学Ⅱと連携している。