物質 有機化学I 2年・通年・必修・履修1単位
担当教員 蝦名 不二夫 連絡先 
講義の概要 有機化合物の特徴を体系的に学習すると共に基本的な有機化合物の性質を理解させる。
到達目標 有機化学の基礎を理解する。具体的には次のとおりである。
1.有機化合物の基本的な構造を表記できる。
2.有機化合物の主な官能基の基本的な特徴を説明できる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 1.有機化合物とは(1) 有機化合物の特徴、有機化合物の単離と精製、実験式と分子式  
第2週   有機化合物とは(2) 有機化合物の官能基、分類と特徴、構造式と異性体  
第3週 2.結合の方向性と分子の構造 共有結合、混成軌道とその比較  
第4週 3.分子の中の電子のかたより 結合の極性、有機反応の種類、分子間力  
第5週 4.アルカンとシクロアルカン(1) アルカンの命名法、アルカンの反応、ラジカル反応  
第6週   アルカンとシクロアルカン(2) シクロアルカンの命名法、シクロヘキサンの立体構造と異性体  
第7週 (中間試験)  
第8週 5.アルケンとアルキン(1) アルケンの命名法、アルケンの合成と反応、
マルコーニコフの法則、幾何異性体
 
第9週   アルケンとアルキン(2) アルキンの命名法、アルキンの合成と反応  
第10週 6.有機化合物の異性現象 構造異性体、幾何異性体、光学異性体  
第11週 7.アルカンのハロゲン置換体 ハロゲン置換体の命名法、ハロゲン置換体の合成と反応、求核置換反応の機構  
第12週 8.アルコールとエーテル(1) アルコールの命名法、アルコールの合成と反応  
第13週   アルコールとエーテル(2) エーテルの命名法、エーテルの合成と反応、環状エーテル  
第14週  演 習 これまでの内容の演習問題を解く。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 9.ベンゼンと芳香族炭化水素(1) 芳香族性、いろいろな芳香族炭化水素、一般的性質  
第2週   ベンゼンと芳香族炭化水素(2) 求電子置換反応、求電子置換反応の配向性と活性化効果  
第3週 10.ベンゼン環に置換した官能基 フェノール、ハロゲン置換体、アニリン、ジアゾニウム塩  
第4週 11.カルボニル化合物(1) アルデヒド・ケトンの命名法、酸化還元反応、  
第5週   カルボニル化合物(2) 求核付加反応、ケト-エノール互変異性  
第6週 12.カルボン酸とその誘導体(1) カルボン酸の命名法、カルボン酸の合成と反応、カルボン酸の酸性、エステル  
第7週 (中間試験)  
第8週   カルボン酸とその誘導体(2) カルボン酸の塩化物と無水物、アミドとニトリル  
第9週 13.アミンとニトロ化合物(1) アミンの分類と命名法、アミンの塩基性、アミンの合成と反応  
第10週   アミンとニトロ化合物(2) 複素環式アミン、ニトロ化合物  
第11週 14.生体構成物質(1) 糖類、単糖、二糖、多糖  
第12週   生体構成物質(2) 脂質、中性脂肪とケン化  
第13週   生体構成物質(3) アミノ酸とタンパク質、両性イオン、  
第14週  演 習 これまでの内容の演習問題を解く。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 有機化合物のまとめ  
学習教育目標 A,Bに対応
達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:小林啓二著『有機化学 三訂版』裳華房 
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
化合物のうち、半分は有機化合物です。はじめての有機化学で理解しづらい部分もあるかと思いますが、わからない部分は遠慮なく質問し、教科書の各章末の問題を解き、有機化学・有機化合物に早く慣れてください。ときどき宿題も出しますので、お忘れなく。