情報 信号処理 5年・通年・選択・学修2単位
担当教員 市毛 勝正 連絡先 
講義の概要 信号の時間的性質および周波数スペクトルとしての性質などを理解するための基礎手法を講義する。ディジタル信号処理の基礎について講義する。
到達目標 1.フーリエ変換およびその性質について理解できる。
2.コンピュータを用いたデータの分析、情報収集に必要となるディジタル信号処理(離散フーリエ変換、FFT)の動作について理解できる。
3.1次元信号の処理ができる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 周期信号の周波数スペクトル 周期信号の周波数スペクトルを理解し、求められる。  
第2週 フーリエ変換 フーリエ変換を理解し、計算できる。  
第3週 フーリエ変換の性質(1) フーリエ変換の性質を理解し、計算できる。  
第4週 フーリエ変換の性質(2) フーリエ変換の性質を理解し、計算できる。  
第5週 フーリエ変換の性質(3) フーリエ変換の性質を理解し、計算できる。  
第6週 パーシバルの等式(1) パーシバルの等式を理解し、計算できる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 パーシバルの等式(2) パーシバルの等式を理解し、計算できる。  
第9週 ディジタル信号処理 ディジタル信号処理の基礎事項を理解する。  
第10週 標本化定理 標本化定理を理解する。  
第11週 離散的フーリエ変換(1) 離散的フーリエ変換を理解し、計算できる。  
第12週 離散的フーリエ変換(2) 離散フーリエ変換の特性を理解し、計算できる。  
第13週 離散的フーリエ変換(3) 離散フーリエ変換の特性を理解し、計算できる。  
第14週 離散的フーリエ変換(4) 離散フーリエ変換の特性を理解し、計算できる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 高速フーリエ変換(1) 高速フーリエ変換を理解する。  
第2週 高速フーリエ変換(2) 高速フーリエ変換の動作を理解する。  
第3週 高速フーリエ変換(3) フロー図により計算できる。  
第4週 相関関数(1) 相互相関関数を理解する。  
第5週 相関関数(2) 自己相関関数を理解する。  
第6週 相関関数(3) 相関関数を計算できる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 窓関数(1) 窓関数を理解する  
第9週 窓関数(2) 窓関数の特性を理解する  
第10週 周波数スペクトログラムの分析(1) 周波数スペクトログラムの分析を理解する。  
第11週 周波数スペクトログラムの分析(2) 周波数スペクトログラムの分析を理解する。  
第12週 不確定信号の解析 不確定信号に対する解析の基礎を理解する。  
第13週 確率密度関数と確率分布関数 確率密度関数と確率分布関数を理解する。  
第14週 不確定信号の自己相関関数 自己相関関数とパワースペクトルを計算できる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-3),(c),(d)-(2)-b)に対応
教科書・参考書 教科書:越川常治 「信号解析入門」 (近代科学社)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績80%、および課題の成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
信号処理は高度情報化社会において重要な基本技術となっています。次回予定の部分を予習しておくこと。教科書および講義ノートの内容を見直し、例題・演習問題を解いておくこと。