情報 情報伝送工学 4年・後期・選択・学修1単位
担当教員 市毛 勝正 連絡先 
講義の概要 情報伝送における信号の発生や信号解析の基本を導入部として学び、伝送信号における標本化定理等を理解する。各種の変調方式についてその変復調方法やそれぞれの特徴を理解する。
到達目標 1.信号波の時間領域と周波数領域の対応ができること。
2.伝送信号における標本化定理を理解し説明できること。
3.各種変調方式の変復調方法とそれらの特徴を理解し説明できること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 情報伝送工学概要(1) 情報伝送システムの基本構成、伝送信号の扱い等概要を理解する。  
第2週 情報伝送工学概要(2) デシベルなどの通信で用いる単位を理解する。  
第3週 信号波の解析(1) 信号波の持つ電力、エネルギーについて理解する。  
第4週 信号波の解析(2) 信号波の基本的性質を理解する。  
第5週 信号波の解析(3) 信号波の特徴を理解する。  
第6週 振幅変調 AMの方法、特徴を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 位相変調 PMの方法、特徴を理解する。  
第9週 周波数変調(1) FMの方法を理解する。  
第10週 周波数変調(2) FMの特徴を理解する。  
第11週 パルス変調 パルス変調の方法、標本化定理を理解する。  
第12週 パルス振幅変調 PAMの特徴を理解する。  
第13週 パルス符号変調(1) 標本化、量子化、符号化によりPCMが行われることを理解する。  
第14週 パルス符号変調(2) PCMの特徴を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:汐崎陽「情報伝送の基礎」(国民科学社)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
講義は電子情報応用数学で履修するフーリエ級数、フーリエ変換の知識があることを前提に進めます。次回予定の部分を予習しておくこと。教科書および講義ノートの内容を見直し、例題・演習問題を解いておくこと。