情報 電気回路 II 4年・後期・選択・学修1単位
担当教員 弥生 宗男 連絡先 
講義の概要 微分方程式とLaplace変換を用いて、電気回路の過渡応答を解析し、回路の特徴を解説する。
到達目標 1.微分方程式を用いて、電気回路の過渡応答を計算できること。
2.Laplace変換を用いて、電気回路の過渡応答を計算できること。
3.電気回路の過渡応答の特徴を説明できること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 過渡応答とは 過渡応答の概要をつかみ、抵抗、インダクタ、キャパシタにおいて成立する基本式を説明できる。  
第2週 RL回路の直流応答(1) RL回路の直流応答を微分方程式を用いて計算できる。  
第3週 RL回路の直流応答(2) RL回路の直流応答の特徴を説明できる。  
第4週 RC回路の直流応答(1) RC回路の直流応答を微分方程式を用いて計算できる。  
第5週 RC回路の直流応答(2) RC回路の直流応答の特徴を説明できる。  
第6週 単エネルギー回路の直流応答 単エネルギー回路の直流応答を微分方程式を用いて計算できる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 RLC回路の直流応答(1) RLC回路の直流応答を微分方程式を用いて計算できる。  
第9週 RLC回路の直流応答(2) RLC回路の直流応答の特徴を説明できる。  
第10週 RL回路の交流応答 RL回路の交流応答を微分方程式を用いて計算し、その応答の特徴を説明できる。  
第11週 RC回路の交流応答 RC回路の交流応答を微分方程式を用いて計算し、その応答の特徴を説明できる。  
第12週 Laplace変換を用いた過渡応答の解析(1) Laplace変換を用いて回路方程式を立てられる。  
第13週 Laplace変換を用いた過渡応答の解析(2) Laplace変換を用いて、電気回路の過渡応答を計算できる。  
第14週 Laplace変換を用いた過渡応答の解析(3) Laplace変換を用いて、複雑な電気回路の過渡応答を計算できる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:吉岡芳夫・作道訓之 共著「過渡現象の基礎」(森北出版)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
「応用数学Ⅱ」と「電子情報応用数学」を受講しておくこと。
電気回路の知識、線形微分方程式の解法、Laplace変換を習得していることを前提として講義はスタートすることに要注意。講義ノートの内容を見直し、講義に関係する例題・演習問題を解いておくこと。また講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。