情報 電気回路Ⅰ 3年・通年・必修・履修1単位
担当教員 市毛 勝正 連絡先 
講義の概要 1年、2年で学んだ直流回路、交流回路の理解を深めるとともに、回路解析、共振回路、相互誘導回路、2端子対回路を学ぶ。
到達目標 1.回路網方程式および定理を理解し、回路解析ができる。
2.交流ブリッジ、共振回路、フェーザ軌跡を理解する。
3.相互誘導、2端子対回路を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 枝電流法 枝電流法により回路方程式が立てられ、解ける。  
第2週 閉路電流法 閉路電流法により回路方程式が立てられ、解ける。  
第3週 電圧源と電流源(1) 理想電源と現実の電源を理解する。  
第4週 電圧源と電流源(2) 等価電圧源と等価電流源を理解する。  
第5週 重ね合わせの理(1) 重ね合わせの理を理解する。  
第6週 重ね合わせの理(2) 重ね合わせの理を利用して回路の計算ができる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 テブナンの定理(1) テブナンの定理を理解する。  
第9週 テブナンの定理(2) テブナンの定理を利用して回路の計算ができる。  
第10週 テブナンの定理(3) テブナンの定理を利用して回路の計算ができる。  
第11週 交流ブリッジ(1) 交流ブリッジを理解する。  
第12週 交流ブリッジ(2) 交流ブリッジを計算できる。  
第13週 節点電位法(1) 節点電位法により回路方程式が立てられ、解ける。  
第14週 節点電位法(2) 節点電位法により回路方程式が立てられ、解ける。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 共振回路(1) RLC直列回路の共振を理解する。  
第2週 共振回路(2) RLC並列回路の共振を理解する。  
第3週 共振回路(3) 共振回路の計算ができる。  
第4週 フェーザ軌跡(1) フェーザ軌跡を理解する。  
第5週 フェーザ軌跡(2) フェーザ軌跡を描ける。  
第6週 平均値と実効値(1) 正弦波交流の平均値と実効値を算出できる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 平均値と実効値(2) 正弦波交流以外の平均値と実効値を算出できる。  
第9週 相互誘導回路(1) 相互誘導現象と相互誘導回路を理解する。  
第10週 相互誘導回路(2) 相互誘導回路の回路計算ができる。  
第11週 相互誘導回路(3) 理想変成器を理解する。  
第12週 2端子対回路(1) Zパラメータを理解し、算出できる。  
第13週 2端子対回路(2) Yパラメータを理解し、算出できる。  
第14週 2端子対回路(3) Fパラメータを理解し、算出できる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:柴田尚志 「電気回路Ⅰ」(コロナ社)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績80%、および課題の成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
電気回路は本学科において基礎となる科目です。理論的な背景を理解し、演習による理解を深めていきます。