情報 情報理論基礎 2年・通年・必修・履修1単位
担当教員 滝沢 陽三 連絡先 
講義の概要 コンピュータや通信技術に用いられているディジタル情報の表現方法やその応用について、基本的な考え方や問題点を理解する。
到達目標 1.情報理論を構成する基礎概念を学ぶ。
2.情報理論の応用分野について理解を深める。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 ディジタル情報理論の考え方 ディジタル情報を扱う際に必要な知識およびその応用分野  
第2週 2進数の基礎(1) 2進数の表現および演算方法  
第3週 2進数の基礎(2) 2進数の小数表現,n進数への発展  
第4週 集合と確率 集合に関する知識・演算方法と確率の基本  
第5週 確率による表現 確率で表現される事柄  
第6週 条件付き確率の定義 相互に関連する事柄の間の確率  
第7週 (中間試験)  
第8週 条件付き確率の応用 事例に基づいた条件付き確率の表現  
第9週 ベイズの定理の定義と応用(1) 事前(原因)確率と事後(結果)確率の関係  
第10週 ベイズの定理の定義と応用(2) 簡単な事例に基づくベイズの定理の応用  
第11週 確率と統計 確率変数、平均値、分散  
第12週 情報量(1) 情報量の意味と定義  
第13週 情報量(2) 情報の大きさを数学的に表す方法  
第14週 情報量(3) 様々な事柄に関する情報量の表現  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 平均情報量(1) 平均情報量の定義  
第2週 平均情報量(2) 簡単な事例に基づく平均情報量の計算  
第3週 平均情報量とエントロピー 情報エントロピーの考え方  
第4週 情報源と通信路のモデル(1) 通信に必要な要素と関係  
第5週 情報源と通信路のモデル(2) 情報源の種類  
第6週 符号化(1) 情報の伝達と記号化  
第7週 (中間試験)  
第8週 符号化(2) 符号化の例  
第9週 符号化(3) 実際に通信に用いる場合の方法  
第10週 誤りの検出と訂正(1) ディジタル情報における誤り  
第11週 誤りの検出と訂正(2) 誤り検出の方法  
第12週 誤りの検出と訂正(3) 誤り訂正の方法  
第13週 暗号化の基礎 暗号の基礎知識、社会的役割  
第14週 暗号化の応用 各種の暗号方式、ディジタル署名  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:なし
参考書:塩野充「わかりやすいディジタル情報理論」(オーム社)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
符号化理論や暗号など、一般的にもよく知られているコンピュータ技術の基礎知識について学ぶ。演習では問題を一つ一つ確実に理解しながら進めること。また、次回予定の部分は予習しておくこと。