情報 電気回路Ⅰ 2年・通年・必修・履修2単位
担当教員 澤畠 淳二 連絡先 
講義の概要 交流回路を理解することは、電子工学、情報工学を学ぶ上で必要不可欠である。本講義では、交流回路の基礎事項、特に瞬時値(三角関数)やフェーザ、複素数を用いた回路の解析法を中心に学ぶ。
到達目標 1.抵抗、インダクタンス、キャパシタンス、インピーダンス、アドッミタンスについて理解すること。2.瞬時値(三角関数)を用いた回路計算、フェーザを用いた回路計算、複素数を用いた回路計算法を修得するとともに、それらの互いの関係を理解すること。3.交流回路の電力を理解すること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 正弦波交流について 正弦波交流がなぜ広く使われているかが理解できる。  
第2週 正弦波交流の表し方 角周波数、周波数、周期の意味及びそれらの関係を理解できる。  
第3週 正弦波交流を実際に描く 電卓等を用いていくつかの正弦波交流波形を描くことができる。  
第4週 瞬時値、最大値、実効値について 瞬時値、最大値、実効値の意味及び最大値と実効値の関係を理解できる。  
第5週 正弦波交流の発生について 電磁誘導現象や交流発生の原理が理解できる。  
第6週 インダクタとインダクタンス インダクタンスの定義が理解できる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 インダクタにおける電圧と電流の関係(1) インダクタにおける電圧と電流の関係を表す基本式が理解できる。  
第9週 インダクタにおける電圧と電流の関係(2) 電卓を用いて実際に波形を描き位相の関係などが理解できる。  
第10週 キャパシタとキャパシタンス キャパシタンスの定義が理解できる。  
第11週 キャパシタにおける電圧と電流の関係 キャパシタでの電圧と電流の大きさの関係、位相の関係が理解できる。  
第12週 抵抗、インダクタ、キャパシタの直列、並列接続 R、L、Cを直列あるいは並列に接続した場合の合成抵抗、合成インダクタンス、合成キャパシタンスを得ることができる。  
第13週 瞬時値(三角関数)を用いた交流回路の計算(1) RL並列、RC並列、RLC並列回路の電流を求めることができる。  
第14週 瞬時値(三角関数)を用いた交流回路の計算(2) RL直列、RC直列、RLC直列回路の電流を求めることができる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 前期総復習 前期に学んだ交流回路の基礎事項を復習し、後期に生かす。  
後期 第1週 フェーザと正弦波交流の関係 フェ-ザと正弦波交流の関係が理解できる。  
第2週 作図による回路計算(1) 作図からRL、RC、RLC直列回路及び並列回路の電流を求めることができる。  
第3週 複素数について 複素数とはどのようなものか理解できる。  
第4週 複素平面と複素ベクトル 複素数の和、差、積、商が計算できる。  
第5週 複素数による電圧、電流の表示 電圧、電流の複素数表示が理解できる。  
第6週 複素数を用いた回路計算(1) RL、RC、RLCの直列回路の複素電流を求めることができる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 複素数を用いた回路計算(2) RL並列、RC並列、RLC並列回路の複素電流を求めることができる。  
第9週 複素数を用いた回路計算(3) 分圧、分流の考えが理解できる。  
第10週 複素数を用いた回路計算(4) 複雑な回路の計算を複素数を用いて行うことができる。  
第11週 交流回路の電力(1) 交流回路の電力が理解できる。  
第12週 交流回路の電力(2) 複素数表示の電圧、電流と電力の関係が理解できる。
回路の電力が計算ができる。
 
第13週 交流回路網の計算(1) キルヒホッフの法則を用いた枝電流法が理解でき、それを用いた回路網の計算ができる。  
第14週 交流回路網の計算(2) キルヒホッフの法則を用いた閉路電流法が理解でき、それを用いた回路網の計算ができる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 1年間の総まとめを行い、理解が十分でないところを補う。  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:柴田尚志:電気回路Ⅰ、コロナ社
評価方法及び合格基準 成績の評価は、4回の定期試験と課題で行い、定期試験の平均点を80%、課題提出を20%で計算し、60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
直流回路、三角関数、複素数計算をよく復習しておくこと。