情報 電子情報工学基礎演習 1年・通年・必修・履修2単位
担当教員 四王天 正臣、村田 和英、蓬莱 尚幸、市毛 勝正、山口 一弘、小飼 敬、弥生 宗男、松崎 周一、澤畠 淳二 連絡先 
講義の概要 新入生に対し、実験・実習を通して、従来の中学校での教育課程に比べて新学習指導要領の導入のために削減された部分を補うと共に、電子情報の分野への興味を喚起させ、さらにはメールやインターネットの利用のための基本的な情報リテラシーを導入する。
到達目標 1.本校のこれからの学習で必須な理科分野の基礎知識を理解すること。
2.電子情報工学の分野の基本的事象を、実験・演習を通して理解すること。
3.基本的な情報リテラシーを修得すること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 ガイダンス(1) 学科カリキュラムの紹介およびこの講義の目的  
第2週 情報リテラシー(1)
演習室の利用
演習室の利用方法および利用マナー  
第3週 情報リテラシー(2)
電子メールの利用
電子メールの仕組みと利用方法  
第4週 情報リテラシー(3)
コンピュータの基礎
情報の考え方とネットワークの基礎  
第5週 情報リテラシー(4)
利用モラルとセキュリティ
情報社会に参加するために必要な考え方  
第6週 プレゼンテーションソフト(1) PowerPoint を用いたプレゼンテーション資料作成の基礎  
第7週 (中間試験) 定期試験は行わない。  
第8週 プレゼンテーションソフト(2) 実例を交えたプレゼンテーション資料作成  
第9週 表計算ソフト(1) Excelを用いたデータ処理の基礎  
第10週 表計算ソフト(2) 実例を用いたデータの整理方法  
第11週 コンピュータの原理 ハードウェアとソフトウェアの役割  
第12週 プログラミング(1) C言語プログラムの実行  
第13週 プログラミング(2) 様々な応用プログラムの実行  
第14週 プログラミング(3) LOGOを用いたプログラムの実行  
第15週 (期末試験) 定期試験は行わない。  
第16週 総復習  
後期 第1週 電気・磁気のスケール(1) 電圧・電流の大きさ、それらの作用とその大きさの程度  
第2週 電気・磁気のスケール(2) 時間的に変動する電流と周波数  
第3週 エンジニアリングデザインの概要 エンジニアリングデザインの概要を理解する。  
第4週 電子工学の基礎 電子工学の概要や、この分野の知識を修得するために必要な数学や物理等と電子工学の関連を理解する。  
第5週 論理回路基礎(1) 論理回路素子の種類とその働き  
第6週 論理回路基礎(2) 論理回路素子の基本動作  
第7週 (中間試験) 定期試験は行わない。  
第8週 実験データの処理の仕方 誤差、有効数字について理解する。  
第9週 計測(1) 電気・電子計測の考え方、データ整理や図の作成方法など  
第10週 計測(2) 電気抵抗などの測定を通して、測定技術の基礎を習得  
第11週 電卓を用いた関数の作図(1) 三角関数を作図し、性質を理解する。  
第12週 電卓を用いた関数の作図(2) 対数関数、指数関数を作図し、性質を理解する。  
第13週 検討・ディスカッション 後期の内容に関して、興味を持った点や疑問点を担当教員と議論する。  
第14週 ガイダンス(2) 2年次の専門科目の紹介等  
第15週 (期末試験) 定期試験は行わない。  
第16週 総復習  
履修上の注意 (前期担当)村田、蓬莱、小飼、松崎 (後期担当)四王天、市毛、山口、弥生、澤畠
後期の授業項目の順番は、行事予定の変更等により順番が入れ替わることがあります。
学習教育目標 A, Dに対応 達成項目本科イ)、ヘ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 必要に応じてプリントを配布する。
評価方法及び合格基準 成績の評価は、演習・課題レポート、小テストで行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
講義、演習、実験を通して、疑問やアイデアを積極的に出して、それらを発言しましょう。またその内容をノートに記録しておきましょう。高学年になったときに疑問に対する答えがより明確になり、またもっとすばらしいアイデアが生まれてくるはずです。