電気 電気機器 4年・通年・選択・学修2単位
担当教員 ソン キョンミン 連絡先 
講義の概要 本講義は、主に変圧器、直流機、誘導機、同期機を対象とし、これらの機器の動作原理、構造、特性等について述べる。これらは、機械エネルギーを電気エネルギーに変換する発電システム、変電システム、また電動力として利用されている機器である。
到達目標 1.変圧器、直流機、誘導機、同期機の基礎原理と基本的な特性を理解し、等価回路を作成できること。
2.用途に応じて、適切な電動機の利用と選択ができること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 電気機器の基礎事項 電気-機械エネルギー変換、電気機器の種類、電流の磁気作用と電磁力、電磁誘導、磁気回路  
第2週 発電機作用と電動機作用  
第3週 電気機器用材料のヒステリシス損と渦電流損  
第4週 変圧器の原理 電圧変換の原理、負荷時の動作  
第5週 変圧器の等価回路 巻線抵抗および漏れ磁束の影響、励磁回路、磁化電流、鉄損電流  
第6週 変圧器特性 定格、電圧変動率、損失および効率  
第7週 (中間試験)  
第8週 変圧器の結線 各種結線方式(Y-Y,Y-△,△-Y,△-△,V-V)の特徴   
第9週 各種変圧器 単巻変圧器、三相変圧器、計器用変成器、変流器   
第10週 直流機の原理と構造 直流発電機・直流電動機の原理と構造、電機子巻線  
第11週 直流機の理論 誘導起電力、トルク、電機子反作用、整流  
第12週 直流発電機・電動機の種類と特性 直流発電機の種類、定格、特性rn直流電動機の種類、特性  
第13週 直流電動機の運転 直流電動機の過渡特性、始動、速度制御、制動、逆転  
第14週 直流機の損失、効率 直流機の損失、効率  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでの復習とまとめ  
後期 第1週 三相誘導電動機の原理と構造 三相誘導電動機の原理、種類、構造  
第2週 三相誘導電動機の理論 回転磁界、同期速度、すべり  
第3週 誘導電動機の等価回路 起磁力と誘導起電力、等価回路、回路定数の算定  
第4週 三相誘導電動機の特性 電流と力率、入出力と損失、トルク  
第5週 三相誘導電動機の特性 簡易等価回路による諸量、最大トルクと最大出力、比例推移  
第6週 三相誘導電動機の運転 始動法、速度制御法、逆転法、制動法  
第7週 (中間試験)  
第8週 単相誘導電動機と誘導電圧調整器 動作原理、始動方法による分類、単相誘導電圧調整器  
第9週 同期発電機の原理、構造、種類 動作原理、回転界磁形、回転電機子形  
第10週 同期発電機の理論 誘導起電力の計算  
第11週 電機子反作用とベクトル図  
第12週 同期発電機の等価回路とベクトル図  
第13週 同期発電機の特性 同期発電機の出力、特性曲線  
第14週 同期電動機 同期電動機の原理、始動法と種類、特性  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでの復習とまとめ  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科 イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書: 「電気機器工学」 著者 前田勉他 (コロナ社)
参考書: 「電気機器入門」 深尾正 監修(実教出版)「最新電気機器学」著者 宮入庄太 (丸善)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
電力エネルギー分野における基礎科目である。パワーエレクトロニクス技術に関連する授業科目と併せて学ぶことにより、電気機器の制御方法をより確かなものとして身につけることが可能である。また、本教科は卒業後、電気主任技術者の免状交付申請を行うために開設されている科目である。
予習:教科書の内容に目を通しておく。
復習:教科書および講義ノートの内容を見直し、理解不十分なところがあれば教員に聞くなどして理解しておく。課題が出された場合には期限までに完成させる。