制御 論理設計 5年・後期・選択・学修1単位
担当教員 滑川 英世 連絡先 
講義の概要 論理回路の設計手法を学ぶ。組合せ回路の簡単化では、計算機処理が容易なクワイン・マクラスキー法を紹介する。順序回路では、状態数の縮約化と状態割り当て問題について学ぶ。
到達目標 1.論理素子、記憶素子の基本動作を理解し、それらの応用法を習得する。
2.応用的な組合せ論理回路の設計手法を習得する。
3.応用的な同期式順序論理回路の設計手法を習得する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 論理素子 正/負論理系、NAND/NORゲート  
第2週 記憶素子 ラッチとフリップフロップ  
第3週 組合せ回路の設計 最小項、最大項、二段論理回路、プログラマブルロジックデバイス  
第4週 (1)カルノー・マップによる簡単化1 積和形、主項、ドント・ケア項  
第5週 (2) カルノー・マップによる簡単化2 和積形、主外項、ドント・ケア項  
第6週 (3)クワイン・マクラスキー法による簡単化3 必須項、被覆表  
第7週 (中間試験)  
第8週 順序回路の設計 ミーリー型、ムーア型、順序回路の応用方程式  
第9週 (1)フリップフロップの論理的特性1 F/Fの特性表、F/Fの入力方程式の導出  
第10週 (2)フリップフロップの論理的特性2 F/Fの特性表、F/Fの入力方程式の導出  
第11週 (3)状態の割り当てと状態数縮小 状態へのコード割り当て、含意表による状態数縮小化  
第12週 (4)順序回路の実現1 順序回路の設計過程、一般的な順序回路の設計  
第13週 (5)順序回路の実現2 同期式カウンタ回路、制御回路の設計  
第14週 論理回路のCAD FPGA/PLD、ハードウエア記述言語(HDL)の紹介  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書: 浜辺 隆二「第2版 論理回路入門」(森北出版)
参考書: 室賀三郎「論理回路とスイッチング理論 LSI,VLSIの設計基礎」(共立出版)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
本講義を受講するに当たり、4年次の「電子計算機」と5年次の「マイクロコンピュータ」を履修しておくことが望ましい。
講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。