制御 機械力学 5年・前期・選択・学修1単位
担当教員 永井文秀 連絡先 
講義の概要 機械の振動について学習する.
到達目標 1.振動に関する基礎的知識を学習し,振動する物体にはたらく力と運動について正しく理解できる.
2.基本公式を工学的な問題に応用できる.
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 授業の概要 本授業の位置付けを理解する.
振動とは何か,この科目で何を学ぶかを理解する.
 
第2週 力学の基礎 ニュートンの力学について理解する.  
第3週 直線運動と力のつり合い 慣性力、減衰力、復元力について理解する.  
第4週 回転運動と慣性モーメント 回転形の運動と慣性モーメントについて理解する.  
第5週 1自由度系の振動 運動方程式の構成と解の求め方について理解する.  
第6週 1自由度系の強制振動 強制振動と共振について理解する.  
第7週 (中間試験)  
第8週 2自由度系の振動(1) 連成振動について理解する.  
第9週 2自由度系の振動(2) 振動モードについて理解する.  
第10週 多自由度系の振動 振動系の行列式表示について理解する.  
第11週 回転体の運動 危険速度について理解する.  
第12週 振動の防止 振動の絶縁と動吸振器について理解する.  
第13週 複素数による振動計算 振動の複素数表現について理解する.  
第14週 ラプラス変換による振動計算 ラプラス変換による微分方程式の解法について理解する.  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:青木繁「振動力学」コロナ社(2011)
参考書:金原粲監修「機械力学」実教出版(2008)
評価方法及び合格基準 成績の評価は,定期試験の成績を80%,レポートの成績を20%で行い,成績の合計が60点以上の者を合格とする.
学生への
メッセージ
基本的な事項を正しく理解して,現象をとらえてください.
講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。