制御 流体力学 4年・後期・選択・学修1単位
担当教員 小沼 弘幸 連絡先 
講義の概要 機械工学における代表的な基礎教育科目の一つである流体工学は、産業分野において重要な役割を果たしている。ここでは流体の流動に関する複雑な物理現象を実験的な資料に基づき解析を行う「水力学」を学ぶ。
到達目標 1.流体力学の基礎的な法則や定理を理解する。
2.流体力学がどのようなところで役立っているかを理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 講義のガイダンス、流体の物理的性質 流体工学とは何か,流体の物性値,単位などを理解する  
第2週 静止流体の圧力とその性質、圧力測定 圧力と力の関係,圧力の表し方,圧力の測定法を理解する  
第3週 平面板や曲面板に作用する圧力、浮力 いろいろな面に作用する圧力や浮力について理解する  
第4週 質量保存の法則と連続の式 質量保存の法則と連続の式の関係を理解する  
第5週 オイラーの運動方程式 ニュートンの運動の第2法則より導かれることを理解する  
第6週 ベルヌーイの定理とその応用 オイラーの運動方程式より導かれることを理解する  
第7週 (中間試験)  
第8週 運動量の法則 運動量の法則と運動量モーメントの法則を理解する  
第9週 層流と乱流 円管内流れの状態が流速の違いによって異なることやレイノルズ数を理解する  
第10週 管摩擦損失(層流) 円管内層流の速度分布,管摩擦損失を理解する  
第11週 管摩擦損失(乱流) 円管内乱流の速度分布,管摩擦損失を理解する  
第12週 管路における種々の損失 急拡大管などの損失について理解する  
第13週 物体に作用する抗力 抗力について理解する  
第14週 物体に作用する揚力 揚力について理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 「流体力学」の復習をする  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:北川能監修「SI版 水力学(基礎と演習)」パワー社
参考書:中山泰喜著「改訂版 流体の力学」株式会社養賢堂発行
演習書:中村克孝他「例題と演習・水力学」パワー社
評価方法及び合格基準 成績の評価は,定期試験の成績で行い,平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
物理や数学を復習しておくこと。
講義ノートの内容を見直し,講義に関する例題・演習問題を解いておくこと。
講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。