制御 計測工学 4年・後期・選択・学修2単位
担当教員 菊池 誠 連絡先 
講義の概要 物理量の計測系を想定し、測定方法と測定値に含まれる誤差の性質と処理方法を学ぶ。
到達目標 1.コンピュータを用いて実験データの分析・処理ができること。
2.主な計測系を理解すること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 測定と単位系(1) 計測と単位系の概要を理解する。  
第2週 測定と単位系(2) 基本量と組立量、次元、国際単位系を理解する。  
第3週 測定の誤差と精度(1) 誤差、切捨て誤差、有効数字を理解する。  
第4週 測定の誤差と精度(2) 桁落ちを理解する。  
第5週 測定の誤差と精度(3) 誤差の種類、精密さ、正確さを理解する。  
第6週 測定の誤差と精度(4) 信頼性を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 精度の表し方 ばらつきの程度、誤差の定義式、測定精度を理解する。  
第9週 最小二乗法 最小二乗法の考え方と計算方法を理解する。  
第10週 データ分析処理 コンピュータを活用したデータ分析・情報の収集について理解する。  
第11週 長さ、角度、面の測定 ゲージ、ノギス、マイクロメータ、アッベの原理、角度、オートコリメータ、水準器などを理解する。  
第12週 質量、力、圧力、流速、流量の測定 精密天秤、密度の測定、力の測定、圧力の測定を理解する。流速と流量、ピトー管を理解する。  
第13週 温度と湿度の測定 液柱温度計、湿度の測定を理解する。  
第14週 光と音の計測 フォトセル、フォトダイオード、圧電素子を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 試験の解答および解説を理解する。  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(A-3),(c),(d)-(2)-a),(d)-(2)-b)に対応
教科書・参考書 参考書:西原・山藤「計測システム工学の基礎」(森北出版)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績70%、レポートの成績30%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。