制御 電磁気学Ⅰ 4年・後期・選択・学修2単位
担当教員 荒川 臣司 連絡先 
講義の概要 電磁気学全体をおもにスカラー表現を用いて説明する。電気的あるいは磁気的な概念導入過程をていねいに追い,各種の定理や法則の基本的理解に努める。
到達目標 1. 基本となる定理や法則が示せ,その意味が説明できる。
2. 電界および磁界に関する物理量の簡単な計算や式の導出ができる。
3. 身の周りの簡単な電磁現象が説明できる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 電荷 クーロンの法則,静電誘導を理解する。  
第2週 静電界(1) 電界,電気力線,電位を理解する。  
第3週 静電界(2) ガウスの定理を理解する。  
第4週 導体系 帯電導体,電位係数を理解する。  
第5週 誘電体(1) 誘電体,分極を理解する。  
第6週 誘電体(2) 誘電体の境界条件を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 静電エネルギー 導体系および電界中の静電エネルギーを理解する。  
第9週 静磁界(1) アンペアの右ねじの法則,周回積分の法則を理解する。  
第10週 静磁界(2) ビオ・サバールの法則を理解する。  
第11週 磁性体(1) 磁束密度,透磁率を理解する。  
第12週 磁性体(2) 磁化曲線を理解する。  
第13週 インダクタンス 自己・相互インダクタンスを理解する。  
第14週 電磁誘導 誘導起電力を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 全体を復習して理解を深める。  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-1),(c)に対応
教科書・参考書 教科書:小塚洋司「新装版 電磁気学 ~その物理像と詳論~」(森北出版)
参考書:宇野亨・白井宏「電磁気学」(コロナ社)
    山口昌一郎「基礎からわかる電磁気学例題演習Ⅰ・Ⅱ」(森北出版)
評価方法及び合格基準 成績の評価は定期試験の成績で行い,平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
この科目は数式を用いた表現がやや多いが,仕事やエネルギーに関することが理解できていれば学習は決して難しくはない。ここで学んだ知識を利用して,最新の電磁応用機器の基本原理が理解できるようになって欲しい。講義ノートの内容を見直し,講義に関する例題や演習問題を解いておくこと。また,次回授業予定の部分を予習しておくこと。