制御 電子回路II 4年・通年・選択・学修2単位
担当教員 住谷 正夫 連絡先 
講義の概要 トランジスタの各種増幅回路と特性,各種発振回路の構成,信号伝送に必要な変調および復調回路の基礎を学ぶ.
到達目標 1.集積基本回電子回路と演算増幅器を用いた回路を理解する.
2.トランジスタの各増幅回路の特徴を理解する.
3.発振回路の構成と解析方法を理解する.
4.変調,復調回路の機能および変調復調方法について理解する.
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 集積基本電子回路の概要と直流電流源回路 直流電流源回路の構成と動作を理解する  
第2週 差動増幅回路 差動増幅回路の構成と動作を理解する  
第3週 高利得増幅回路 高利得増幅回路の構成と動作を理解する  
第4週 直流増幅回路 直流増幅回路の構成と動作を理解する  
第5週 大信号増幅回路 大信号増幅回路の構成と動作を理解する  
第6週 集積回路の概要 集積回路の構造と概要を理解する  
第7週 (中間試験)  
第8週 演算増幅器回路の概要 演算増幅器回路の概要を理解する  
第9週 理想演算増幅器と等価回路 理想演算増幅器と等価回路の構成と動作を理解する  
第10週 演算増幅器の基本回路 演算増幅器の基本回路の構成と動作を理解する  
第11週 線形演算回路 線形演算回路の構成と動作を理解する  
第12週 非線形演算回路 非線形演算回路の構成と動作を理解する  
第13週 演算増幅器回路の内部構造 演算増幅器回路の内部構造を理解する  
第14週 周波数特性 周波数特性を理解する  
第15週 (前期期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 直列,並列共振 直列,並列共振回路を理解する  
第2週 共振とQ定数 共振現象とQ定数との関係について理解する  
第3週 単一同調回路 単一同調回路の解析方法について理解する  
第4週 インピーダンス整合 トランスを用いたインピーダンス整合を理解する  
第5週 その他の各種同調回路 各種同調回路の特徴について理解する  
第6週 A級増幅器の電力効率 A級増幅器の効率の求め方と最大効率について理解する  
第7週 (中間試験)  
第8週 B級,C級増幅器の電力効率 B級,C級増幅器の効率とA級との比較について理解する  
第9週 LC発振器の原理 LC発振器の発振原理について理解する  
第10週 コルピッツ,フート・キューン発振器 コルピッツ,フート・キューン発振器の構成について理解する  
第11週 その他の発振器 その他の発振器について理解する  
第12週 AM変調方式 AM変調方式の原理を理解する  
第13週 FM変調方式 FM変調方式の原理を理解する  
第14週 AM復調方式 AM復調方式について理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応
達成項目本科イ),ロ)に対応
JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:藤井信生「アナログ電子回路」(昭晃堂)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績を80%、課題および授業での発表等の成績を20%で行い、平均の成績が60点以上の者を合格にする.
学生への
メッセージ
アナログ電子回路の上級の内容であるため,トランジスタの基本動作の理解はもとより,電気回路の回路計算も復習しておくと良い.電子回路に興味のある学生は履修することを勧める.
講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。