制御 加工工学 3年・通年・必修・履修2単位
担当教員 長谷川 勇治 連絡先 
講義の概要 機械加工法を利用したものづくりはどのように行われるか、その基本原理と応用例について講義する。
到達目標 1.いろいろな機械加工法の基本原理を習得する。
2.加工方法を考慮した部品や製品を設計できる能力を習得する。
3.効率的なものづくり方法を考えられる能力を習得する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 緒論 ものづくりにおける各種機械加工法と手仕上げの概要をつかむ。  
第2週 機械材料の性質 機械材料の種類と性質について理解する。  
第3週 機械材料の性質 材料の機械的性質および各種測定法について理解する。  
第4週 鋳造 鋳造の概要、模型、鋳型の種類と作り方を理解する。  
第5週 鋳造 溶解炉、鋳物の欠陥、鋳物用材料について理解する。  
第6週 鋳造 特殊鋳造法について理解する。鋳造に関し、学んだことを試験する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 塑性加工 塑性加工の概要、鍛造について理解する。  
第9週 塑性加工 圧延加工について理解する。  
第10週 塑性加工 プレス加工について理解する。  
第11週 塑性加工 その他の塑性加工について理解する。  
第12週 溶接 溶接の概要、アーク・ガス・抵抗溶接について理解する。  
第13週 溶接 上記以外の溶接法について理解する。  
第14週 溶接 溶接部の性質について理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期に学習したことを復習する。  
後期 第1週 切削加工 切削加工の概要、切削理論について理解する。  
第2週 切削加工 旋削、穴加工について理解する。  
第3週 切削加工 平面加工、その他の切削加工について理解する。  
第4週 研削加工 研削加工の概要、研削理論を理解する。  
第5週 研削加工 研削砥石、平面研削を理解する。  
第6週 研削加工 円筒・心なし・内面研削、特殊研削法を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 精密加工および特殊加工 機械的な加工を理解する。  
第9週 精密加工および特殊加工 物理的な加工を理解する。  
第10週 精密加工および特殊加工 化学的な加工を理解する。  
第11週 プラスチック加工 プラスチック加工の概要、プラスチック材料を理解する。  
第12週 プラスチック加工 各種成型法を理解する。  
第13週 プラスチック加工 各種成型法を理解する。  
第14週 工程設計・品質管理 工程設計・品質管理と原価管理を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 後期学習したことを復習する。  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:平井三友、和田任宏、塚本晃久「機械工作法」コロナ社
参考書:加工法・加工学・製作法・製作学・工作法などの名前をつけた本が多く出版されています。自分で気に入った本を利用してください。
評価方法及び合格基準 成績の評価は、章末問題の成績で行い,平均の成績が60点以上の者を合格とする.
学生への
メッセージ
プレゼンソフトも用いた授業を行いますので、授業中は説明をよく聞き、配布したサブノートにメモを取る程度にし、自宅でノートを作成してください。プレゼン資料は自宅からでもインターネットで閲覧することが可能です。2年次の「電子制御実験」で学んだ加工法を復習してください。また、興味をもった機械や器具、各種製品について、どのように作られているか、またどのように作れば良いかを考えてみてください。