機械 熱工学Ⅱ 5年・通年・選択・学修2単位
担当教員 根本 栄治 連絡先 
講義の概要 熱移動現象を対象とする伝熱工学は、機械工学の基礎を成す重要な学問である。本講義では、伝熱工学の基礎となる熱伝導、熱伝達、熱放射を中心に豊富な例題、解析例を多く取り入れ、伝熱工学の基本的な内容を十分理解できるよう講義する。
到達目標 1.フーリエの法則を理解する。
2.熱抵抗の考え方を理解する。
3.熱伝導方程式の成り立ちを理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 伝熱工学の概要 伝熱工学の概要について理解する。  
第2週 熱エネルギー移動の機構 熱エネルギー移動の機構について学ぶ。  
第3週 フーリエの法則 フーリエの法則について理解する。  
第4週 熱伝達の基礎 熱伝達の基礎について理解する。  
第5週 熱放射の基礎 熱放射の基礎について理解する。  
第6週 接触面における伝熱 接触面における伝熱について理解する。  
第7週 (中間試験) 中間試験を実施。  
第8週 熱伝導現象 熱伝導現象について学ぶ。  
第9週 熱伝導方程式 熱伝導方程式について理解する。  
第10週 座標変換 座標変換による取り扱い方を学ぶ。  
第11週 境界条件 境界条件について理解する。  
第12週 一次元定常熱伝導 一次元定常熱伝導について理解する。  
第13週 熱通過率 熱通過率について理解する。  
第14週 発熱を伴う熱伝導 発熱を伴う熱伝導について学ぶ。  
第15週 (期末試験) 期末試験を実施。  
第16週 総復習 前期の内容を復習する。  
後期 第1週 フィンの熱伝導 フィンの熱伝導について理解する。  
第2週 二次元定常熱伝導 二次元定常熱伝導について学ぶ。  
第3週 フーリエの方法 フーリエの方法について理解する。  
第4週 一次元非定常熱伝導 一次元非定常熱伝導について理解する。  
第5週 超越方程式 超越方程式について理解する。  
第6週 ラプラス変換法 ラプラス変換法について学ぶ。  
第7週 (中間試験) 中間試験を実施。  
第8週 ハイスラー線図 ハイスラー線図について理解する。  
第9週 多次元非定常熱伝導 多次元非定常熱伝導について理解する  
第10週 熱伝導の数値解析 熱伝導の数値解析について学ぶ  
第11週 境界条件の取り扱い方 境界条件の取り扱い方について理解する。  
第12週 熱伝達における相似則 熱伝達における相似則を理解する。  
第13週 方向次元解析 方向次元解析について理解する。  
第14週 強制対流熱伝達の基礎式 強制対流熱伝達の基礎式について理解する。  
第15週 (期末試験) 期末試験を実施。  
第16週 総復習 後期の内容を復習する。  
学習教育目標 A(A-2)、Bに対応 達成項目A 本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(d)-(2)-a)に対応 
教科書・参考書 教科書:斉藤彬夫、他2名「例題演習伝熱工学」(産業図書)
参考書:甲藤好郎「伝熱概論」(養賢堂)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績70%、レポートの成績30%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
この科目は、熱移動の方程式を微分方程式の形で取り扱うので、4年次までに履修した《微分方程式》を十分復習しておくと良く理解できます。