機械 流体工学Ⅲ 5年・後期・選択・学修2単位
担当教員 柴田 裕一 連絡先 
講義の概要 流体工学の基礎から、さらに粘性や圧縮性を考慮した実在の流体を扱い、二次元および三次元的に現象を解析することを中心に行う。
到達目標 1.流体力学の現象を理解する。
2.流体力学の方程式を理解する。
3.流体現象を解析的に理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 抗力 物体まわりの流れを理解する。  
第2週 境界層  物体まわりの境界層について理解する。  
第3週 摩擦抗力 物体まわりの摩擦抗力を理解する。  
第4週 揚力 翼の揚力を理解する。  
第5週 次元解析と相似則(1) バッキンガムのπ定理を理解する。  
第6週 次元解析と相似則(2) 力学的相似則などについて理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 流体計測 流体の計測法について原理や方法を理解する。  
第9週 流体機械(一般) 流体機械の原理や構造を理解する。  
第10週 流体機械(遠心ポンプ) 遠心ポンプの仕組みや効率について理解する。  
第11週 流体機械(軸流ポンプ) 軸流ポンプの仕組みや効率について理解する。  
第12週 流体機械(水車) 水車の仕組みや効率について理解する。  
第13週 流体機械(送風機) 送風機の仕組みや効率について理解する。  
第14週 流体機械(風車) 風車の仕組みや効率について理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 後期の内容を復習する  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:水力学「基礎と演習」(パワー社),例題と演習・水力学(パワー社)   
参考書:流体機械工学(コロナ社)
    
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績80%、レポートの成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
流体工学「水力学」を基礎に、その応用を理解する。また、講義ノートの内容を見直し、講義に関係する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。