機械 生産工学 5年・後期・選択・学修1単位
担当教員 富岡 則夫 連絡先 
講義の概要 生産工学とその発展過程、生産形態と合理的な生産工程の基本および近代の生産システム、管理システムについて説明し、思考させる。
到達目標 1.生産工学についての理解を深め、生産工程における最適化を理論的に修復する。
2.生産工学の各種技法を理解し、活用の基本を修得する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 生産工学総論 (1)生産工学の始まりとその発展  
第2週 生産工学総論 (2)工学の定義と領域、狙い  
第3週 生産組織 (1)組織の定理、階層と業務内容  
第4週 生産組織 (2)組織の形態  
第5週 作業研究 (1)工程分析、作業者分析、動作分析、改善ステップ  
第6週 作業研究 (2)時間研究、PTS法  
第7週 (中間試験)  
第8週 標準時間とその設定法 (1)標準時間の考え方、構成、求め方  
第9週 標準時間とその設定法 (2)稼動分析法、各種係数  
第10週 工程管理 (1)工程管理の意義、日程計画  
第11週 工程管理 (2)組み立てラインの工程編成、PERT手法(Ⅰ)  
第12週 工程管理 (3)PERT手法(Ⅱ)、進度管理  
第13週 品質管理 (1)品質管理の意義、検査の考え方、ISOrn
(2)品質管理の手法
 
第14週 資材管理 (1)資材計画rn
(2)在庫管理
 
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 後期の内容を復習する。  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2)、(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:高木重道「生産工学概論」(パワー社)
参考書:都崎、木村「経営工学概論」(森北出版)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績80%、および不定期に行う小テスト・レポートなどの成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
本科目は数理統計学を用いることが多いので十分履修しておくこと。