機械 計測工学II 5年・後期・選択・学修1単位
担当教員 池田 耕 連絡先 
講義の概要 計測をシステムとして捉え、その運用に必要な知識を体系的に取得する。
到達目標 計測をシステムとしてみた場合の各要素の扱いを理解する。
それぞれの要素について静的・動的な特性を理解する。
計測法の実用性を学ぶ。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 計測システムの概要 システムの構成要素について理解する。  
第2週 要素の静特性 要素の静特性について学習する。  
第3週 フーリエ変換 フーリエ変換について学ぶ。  
第4週 ラプラス変換 ラプラス変換について学ぶ  
第5週 要素の動特性 各種微分方程式とラプラス変換の関係  
第6週 ステップ応答/インパルス応答 ステップ応答とインパルス応答の解き方  
第7週 (中間試験) 中間試験を行う  
第8週 周波数応答とボード線図 周波数応答の解き方  
第9週 動特性の測定 動特性を実験的に求める方法に関して。  
第10週 センサ センサの分類と各種センサの概要  
第11週 負荷効果と機械系、電気系アナロジー センサの負荷効果を学ぶ  
第12週 信号変換要素 ブリッジ回路について学ぶ  
第13週 信号変換要素 変調信号の復調/増幅器について学ぶ。  
第14週 演算要素 各種演算要素について学ぶ  
第15週 (期末試験) 期末試験を行う  
第16週 総復習 総復習を行う。  
学習教育目標 Aに対応
達成項目本科イ)に対応
JABEE
認定基準
(A-2),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:小宮「計測システムの基礎」(コロナ社)
評価方法及び合格基準 成績の評価は定期試験の成績80%、レポート20%の比率で算出し、成績の合計が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
数学、物理で勉強した内容をよく復習しておくこと。
関連科目:制御工学、計測工学I

予習:教科書の内容をよく読むこと。
復習:授業で述べた教科書との差異をまとめ、導出過程、基本的な単語についてまとめること