機械 材料工学Ⅱ 4年・前期・選択・学修1単位
担当教員 谷山 久法 連絡先 
講義の概要 第3学年では金属材料の一般的な特徴と炭素鋼の基礎について学んだ。この基礎知識をもとに第4学年では合金鋼の性質と熱処理、金属材料の腐食・防食および鋳鉄の性質と熱処理について学ぶ。
到達目標 1.合金鋼が理解できるようになる。
2.鋳鉄が理解できるようになる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 構造用合金鋼 構造用合金鋼の特長を理解する。  
第2週 表面硬化 (1)炎焼入れ、高周波焼入れ 酸素-アセチレン炎および高周波誘導電流による表面硬化を理解する。  
第3週 表面硬化 (2)浸炭焼入れ 浸炭焼入れと熱処理温度の関係を理解する。  
第4週 高速度鋼 高速度鋼の二次硬化を理解する。  
第5週 腐食 鋼の組織と腐食および冷間加工と腐食の関係を理解する。  
第6週 防食 鋼の防食法を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 ステンレス鋼 (1)フェライト系、マルテンサイト系 フェライト系およびマルテンサイト系ステンレス鋼を理解する。  
第9週 ステンレス鋼 (2)オーステナイト系、析出硬化系 オーステナイト系および析出硬化系ステンレス鋼を理解する。  
第10週 鋳鉄 (1)鋳鉄の組成 炭素含有量と鋳鉄の関係を理解する。  
第11週 鋳鉄 (2)鋳鉄の組織 冷却速度と組織の関係を理解する。  
第12週 鋳鉄 (3)鋳鉄の組織図 マウラーの組織図を理解する。  
第13週 鋳鉄 (4)普通鋳鉄の性質 鋳鉄の機械的性質を理解する。  
第14週 鋳鉄 (5)各種の鋳鉄 チルド鋳鉄を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期の内容を復習する。  
学習教育目標 A、Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2)、(B-1)、(d)-(1)、(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:佐野元「改訂機械材料」(共立出版)
参考書:矢野悦次郎他「第2版 若い技術者のための機械・金属材料」(丸善)
    小原嗣朗「金属材料概論」(朝倉書店)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績90%、およびレポートの成績10%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
第3学年で学んだ材料工学Ⅰ、加工工学Ⅰおよび機械システム工学実習をよく復習しておくこと。
講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題、演習問題を解いておくこと。
講義で示した次回の予定部分を予習しておくこと。