機械 応用物理II 4年・前期・選択・学修2単位
担当教員 池田 耕 連絡先 
講義の概要 これまで学んできた知識を基にして、量子、原子核の世界について学習する。
到達目標 1.光の粒子性や電子の波動性に関する基本的な概念を理解する。2.原子核や放射線に関する学習を通して、原子力の利用や安全性についての理解を深める。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 特殊相対論 相対論にいたる背景・特殊相対論における時間・を知る。  
第2週 特殊相対論2 特殊相対論における質量・長さ・速度について知る。  
第3週 原子核 原子核の構成粒子・同位体について学ぶ。  
第4週 周期律表と原子の構造 周期律表の歴史と原子の構造について学ぶ。  
第5週 宇宙線・放射線 宇宙線・放射線について学び、特殊相対論との関係を学ぶ。
 
第6週 原子力エネルギー(池田) 質量欠損からエネルギーを取り出す方法について学ぶ。紹介する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 量子的現象 量子的現象について知る。  
第9週 量子的現象 量子的現象について知る。  
第10週 水素原子の電子軌道 量子的な考えに基く水素原子の電子軌道について学ぶ。  
第11週 水素原子の電子軌道 量子的な考えに基く水素原子の電子軌道について学ぶ。  
第12週 シュレディンガー方程式 量子論の基礎方程式を導出する。  
第13週 シュレディンガー方程式 量子論の基礎方程式を導出する。  
第14週 パウリの排他律と量子数 量子数とパウリの排他律について学ぶ。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Aに対応
達成項目本科イ)に対応
JABEE
認定基準
(A-1), (c) に対応
教科書・参考書 教科書:和達三樹 監修,小暮陽三 編集 「高専の物理(第5版)」
教科書:小暮陽三 編集 「高専の応用物理」(森北出版)
参考書:高専生のための原子力教科書(図書館に開架)
評価方法及び合格基準 成績の評価は定期試験を80%、課題やレポート等の内容を20%で行い、成績の合計が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
現代物理学の根本になる原子の世界について学び、興味を抱いて欲しい。
予習:教科書の関連部分をよく読んでくること。
復習:各公式の導出過程をまとめ、演習問題を解くこと。