機械 加工工学Ⅰ 3年・通年・必修・履修2単位
担当教員 谷山 久法 連絡先 
講義の概要 機械工学の原点は「ものづくり」であると考えることができる。機械技術者は、製作図を元に各種の工作機械を使用し、「ものづくり」、すなわち素材から様々な製品を生産する。この素材から製品を製作する生産過程で要求される必要な知識、すなわち、基本的な各種の加工方法を学ぶ。
到達目標 1.鋳造が理解できるようになる。
2.溶接が理解できるようになる。
3.塑性加工が理解できるようになる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 鋳造 1)鋳造と鋳物 模型の種類を理解する。  
第2週 鋳造 2)鋳造法案 鋳型の設計を理解する。  
第3週 鋳造 3)鋳型材料 鋳物砂の性質を理解する。  
第4週 鋳造 4)鋳型製作 鋳型の種類および砂型の製作法を理解する。  
第5週 鋳造 5)溶解 鋳鉄および非鉄金属の溶解を理解する。  
第6週 鋳造 6)特殊鋳造法と鋳造後の処理 特殊鋳型法、特殊鋳込法および鋳物の検査法を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 溶接 1)溶接の概要 融接法、圧接法およびろう接法を理解する。  
第9週 溶接 2)アーク溶接の概要 アークおよび溶滴移行を理解する。  
第10週 溶接 3)溶接部の組織と溶接棒 溶接金属部、熱影響部および溶接棒の役割を理解する。  
第11週 溶接 4)イナートガスアーク溶接 ティグ溶接およびミグ溶接を理解する。  
第12週 溶接 5)ガス溶接 ガス溶接を理解する。  
第13週 溶接 6)圧接・ろう付 スポット溶接、シーム溶接およびろう付を理解する。  
第14週 溶接 7)切断・溶接部の検査 切断および各種非破壊検査を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期の内容を復習する。  
後期 第1週 塑性加工 1)金属材料の機械的性質(Ⅰ) 金属材料の応力とひずみの関係を理解する。  
第2週 塑性加工 2)金属材料の機械的性質(Ⅱ) 金属材料の硬さを理解する。  
第3週 塑性加工 3)金属材料の機械的性質(Ⅲ) 材料のねばさおよび疲労を理解する。  
第4週 塑性加工 4)加工条件と塑性 弾性変形および塑性変形による材料の性質の変化を理解する。  
第5週 塑性加工 5)冷間加工と熱間加工 再結晶温度と冷間加工と熱間加工の関係を理解する。  
第6週 塑性加工 6)圧延、押出し 圧延の機構および押出しを理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 塑性加工  7)引抜き、自由鍛造 引抜きおよび自由鍛造を理解する。  
第9週 塑性加工  8)型鍛造、転造 型鍛造および転造を理解する。  
第10週 塑性加工  9)プレス加工(Ⅰ) せん断を理解する。  
第11週 塑性加工 10)プレス加工(Ⅱ) 曲げおよび深絞りを理解する。  
第12週 塑性加工 11)粉末冶金 原料粉の製造、圧縮成型および焼結を理解する。  
第13週 塑性加工 12)表面処理 めっきおよび陽極酸化を理解する。  
第14週 塑性加工 13)プラスチックの成型加工 プラスチックの成型加工を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 後期の内容を復習する。  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:湯本誠治他「基本機械工作(Ⅰ)」(日刊工業新聞社)
参考書:井上忠信 監修「しくみ図解シリーズ 金属加工が一番わかる」(技術評論社)
    基礎機械工作編集委員会編「基礎機械工作」(産業図書)
    平井三友他「機械工作法」(コロナ社)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績90%、およびレポートの成績10%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
第2学年の機械システム工学実習で学んだ実習内容を復習しておくこと。