機械 プログラミング基礎 2年・通年・必修・履修1単位
担当教員 押久保 武、小室 孝文 連絡先 
講義の概要 C言語によるプログラミングの基礎を身につける。前半はC言語の基本プログラム作成、後半は簡単なコンピュータグラフィックス(CG)プログラムを作成し、プログラムに慣れ親しむ。
到達目標 1.C言語によるプログラミングの基礎を習得する。
2.CG作成をとおして表現能力の向上をはかる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 C言語について プログラム作成の準備  
第2週 データの出力、式の計算 整数と実数  
第3週 選択処理(1) if文  
第4週 選択処理(2) if-else文(1)  
第5週 選択処理(3) if-else文(2)  
第6週 選択処理(4) switch文  
第7週 (中間試験)  
第8週 反復処理(1) for文  
第9週 反復処理(2) while文  
第10週 反復処理(3) do-while文  
第11週 配列(1) 1次元配列  
第12週 配列(2) 2次元配列  
第13週 配列(3) 配列の応用(1)  
第14週 配列(4) 配列の応用(2)  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期の内容を復習  
後期 第1週 CGについて プログラム作成の準備  
第2週 描画の基本(1) ペンの定義  
第3週 描画の基本(2) 各種基本図形の定義、色の指定  
第4週 描画の基本(3) ブラシの定義  
第5週 描画の応用(1) 前期授業項目の利用による描画  
第6週 描画の応用(2) 前期授業項目の利用による描画  
第7週 (中間試験)  
第8週 描画の応用(3) 図形の表現(1)  
第9週 描画の応用(4) 図形の表現(2)  
第10週 描画の応用(5) 図形の表現(3)  
第11週 描画の応用(6) 図形の表現(4)  
第12週 総合演習(1) 演習課題  
第13週 総合演習(2) 演習課題  
第14週 総合演習(3) 演習課題  
第15週 (期末試験) 課題の提出をもって代える  
第16週 総復習 前期および後期の内容を復習する  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:プリント配布
参考書:林晴比古「新VisualC++.NET入門 ビギナー編」(ソフトバンクパブリッシング)、椋田実「はじめてのC 改訂第4版」(技術評論社)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績(平均)を60%、総合演習の課題の成績を40%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
本講義はプログラミングに関する演習が主体となります。経験を積み重ねていくことが大切です。