共通 情報工学 5年・後期・選択・学修1単位
担当教員 堀 利浩 連絡先 
講義の概要  情報処伝送に関連した基礎知識を得る。はじめにエントロピーの考え方やシャノンの基本定理などの情報理論の基礎を、次に符号理論の概要(誤り検出・訂正の原理)を、最後に標本化定理を用いたアナログ信号のデジタル化を学ぶ。
到達目標 1.シャノンの第1、第2基本定理の意味を理解する。
2.誤り検出・訂正符号の動作の概要を理解する。
3.標本化定理に基づくアナログ信号のデジタル化を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 情報伝送の基礎知識 概要説明、必要な用語の説明、情報伝送のモデル  
第2週 情報量の数値化(1) 情報量と確率との対応  
第3週 情報量の数値化(2) エントロピー  
第4週 情報源符号化(1) 一意復号可能性、瞬時復号可能性  
第5週 情報源符号化(2) シャノンの第1基本定理  
第6週 情報源符号化(3) ハフマン符号化  
第7週 (中間試験)  
第8週 通信路符号化 通信路の確率モデル、シャノンの第2基本定理  
第9週 基礎的な誤り検出・訂正符号(1) 誤り検出・訂正の原理、ハミング距離  
第10週 基礎的な誤り検出・訂正符号(2) 誤り検出・訂正の実際、ハミング符号、BCH符号  
第11週 伝送路符号化 伝送路符号、変調方式、変調方式と誤り  
第12週 アナログ信号のデジタル化(1) 標本化定理、エイリアシング  
第13週 アナログ信号のデジタル化(2) 通信路容量定理  
第14週 データの圧縮 各種データの圧縮  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 S科はA,Bに対応
他学科はBに対応
達成項目S科は本科イ),ロ)に対応
他学科は本科ロ),ハ)に対応
JABEE
認定基準
S科は(A-2),(B-1),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
他学科は(B-1,-3),(d)-(1),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:小川英一「マルチメディア時代の情報理論」(コロナ社)
参考書:G.A.ジョーンズ, J.M.ジョーンズ著、一楽、河原(正)、河原(雅)訳、
「情報理論と符号理論」(シュプリンガー・ジャパン)、南 敏「情報理論(第2版)」(産業図書)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
本講義では、情報処理技術に関連した基礎知識を得ることを目的とし、教科書の内容に従って授業を進めていく。講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。