共通 電子計測システム 5年・前期・選択・学修1単位
担当教員 弥生 宗男 連絡先 
講義の概要 いくつかの例をとおして、測定原理や測定法を解説する。また、実際に計測する際に必要となるセンシング技術、コンピュータを用いた計測システムの構築、ノイズ対策技術などを解説する。
到達目標 1.電子計測の方法および原理を説明できる。
2.センシング技術やノイズ対策技術を理解し、コンピュータを用いた自動計測システムを構築できる素養を身に付ける。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 電子計測の基礎 測定方式等を説明できる。  
第2週 データ処理(1) 平滑処理、最小二乗法等を説明し、これらの計算ができる。  
第3週 データ処理(2) 誤差評価等を説明できる。  
第4週 センサ(1) 温度センサ等の動作原理を説明できる。  
第5週 センサ(2) 位置センサ等の動作原理を説明できる。  
第6週 電気計測 インピーダンス等の測定原理を説明できる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 ノイズ対策 ノイズの性質やシールド技術等を説明できる。  
第9週 光計測 光センサや光計測の測定原理を説明できる。  
第10週 超音波計測(1) 超音波の性質と発生の原理を説明できる。  
第11週 超音波計測(2) 超音波を用いた計測を説明できる。  
第12週 リモートセンシング(1) レーダの原理等を説明できる。  
第13週 リモートセンシング(2) パルス圧縮方式等を説明できる。  
第14週 コンピュータ・インターフェース コンピュータと計測器間のインターフェースを説明できる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 D科はA,Bに対応
他学科はBに対応
達成項目D科は本科イ)、ロ)に対応
他学科は本科 ロ)に対応
JABEE
認定基準
D科は(A-2), (B-1), (d)-(1), (d)-(2)-a)に対応
他学科は(B-1, -3), (d)-(1), (d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 必要に応じてプリントを使用する。
参考書:相田貞蔵 他「電子計測 基礎と応用」(培風館)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
電子計測は、数学、物理(特に電磁気学)、電気回路、電子工学等の学問に基づいている。したがって、受講にあたり、それらの基本知識を十分に身に付けておかなければならない。また、日頃から学生実験等で計測技術を理解する必要がある。講義ノートの内容を見直し、講義に関係する例題・演習問題を解いておくこと。また講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。