共通 材料化学概論 4年・前期・選択・履修1単位
担当教員 砂金 孝志、宮下 美晴 連絡先 
講義の概要 工業的に多量に用いられている種々の材料を知り、その特性や用途を学ぶ。前半は主にセラミックスや半導体などの無機材料について、後半は有機・高分子材料(主としてプラスチック材料)についての理解を深める。
到達目標 1.セラミックスや半導体といった無機系材料の構造、製法、物性、用途等を理解する。
2.実用に供されている各種プラスチック材料の製法、特徴、用途、物性等を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 セラミックスとは 材料の分類、セラミックスとは何かを理解する。  
第2週 セラミックスの構造 セラミックスの構造、一般的製法を理解する。  
第3週 窯業製品 ガラス、セメント、陶磁器を理解する。  
第4週 耐熱材料 絶縁体材料、耐熱材料について理解する。  
第5週 半導体材料 半導体、半導体の応用について理解する。  
第6週 誘電体材料 圧電体、焦電体、強誘電体について理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 有機・高分子材料とは 高分子材料、プラスチック材料とは何かを理解する。  
第9週 汎用プラスチック材料1 代表的な汎用プラスチックの種類、製法、特性、用途を知る。  
第10週 汎用プラスチック材料2 前週に引き続き、代表的な汎用プラスチックの種類、製法、特性、用途を知る。  
第11週 エンジニアリングプラスチック1 代表的なエンジニアリングプラスチックの種類、製法、特性、用途を知る。  
第12週 エンジニアリングプラスチック2 前週に引き続き、代表的なエンジニアリングプラスチックの種類、製法、特性、用途を知る。  
第13週 熱硬化性樹脂 代表的な熱硬化性樹脂の種類、製法、特性、用途を知る。  
第14週 高分子材料の物性 高分子材料の力学的性質を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでのまとめと復習  
履修上の注意 物質工学科の学生は受講できない。
学習教育目標 Bに対応
達成項目本科ハ)に対応
JABEE
認定基準
(B-3),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:特に指定しない(必要に応じてプリント等を配布する)
参考書:柳田博明「セラミックスの化学」(丸善)、小川俊夫「工学技術者の高分子材料入門」(共立出版)
評価方法及び合格基準 成績の評価は定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
受講する者は化学の基礎について理解していることが望ましい。
毎回の授業後には、ノートや配布したプリントを見直して復習すること。