共通 情報工学概論 4年・前期・選択・履修1単位
担当教員 中屋敷 進 連絡先 
講義の概要 情報工学は様々な専門分野と広くかつ密接に関わりをもってきています。
本講義では、「情報」を学ぶ入門として、情報工学の基礎的な概念と基本的な技術を学ぶとともに、その応用分野への展開について概観する。
到達目標 1.「情報」の概念をハードウェアとソフトウエアの両面から認識できる.
2.「コンピュータ」をハードウェアの物理構成とソフトウエアの動作から理解できる.
3.社会基盤としての「情報システム」の意義を正しく理解できる.
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 コンピュータの世界 情報を扱う機械  
第2週 デジタル情報の世界 ビットの概念,データの表わし方  
第3週 ハードウェアの仕組み コンピュータの構成,中央処理装置の動作  
第4週 周辺装置とのインタフェイス 記憶装置と入出力装置との連携  
第5週 論理と論理回路 半導体とデジタル回路  
第6週 コンピュータ・ネットワーク 相互接続装置と通信プロトコル  
第7週 (中間試験)  
第8週 ソフトウェア 機械語,高級言語,プログラムの役割  
第9週 オペレーテイング・システム ハードウェアとソフトウェアの一体化  
第10週 データ構造とアルゴリズム アルゴリズムの概念,配列・探索  
第11週 データベース・システム データの一元性とアクセス管理  
第12週 ネットワーク・システム 通信諸技術とインターネット  
第13週 セキュリティ 信頼性の確保と不法行為への対策  
第14週 情報システム 開発・構築・運用・保守のライフサイクル  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
履修上の注意 電子情報工学科の学生は履修できません。
学習教育目標 Bに対応 達成項目本科ハ)に対応 JABEE
認定基準
(B-3),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 教科書:稲垣耕作 「コンピュータ基礎教程」(コロナ社)
参考書:神沼靖子 「情報システム基礎」(オーム社)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
社会を構成する様々な技術分野の中で、情報化社会の基盤を担うコンピュータやネットワークについて理解を深めることは益々大切になります。講義として机上で学びながら、日頃の生活の中でも"情報"との関わりについて考えてください。