共通 制御工学概論 4年・前期・選択・履修1単位
担当教員 菊池 誠 連絡先 
講義の概要 制御工学について,その成り立ちから現在の応用事例までを学習して,制御工学の概要を理解する。
到達目標 1.制御工学に関する広範な知識を習得し,制御工学の概要を理解する。
2.ブロック線図で示された簡単な制御システムを理解して,その動作を読み取ることができる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 制御とはなにか 身近にある動作を制御系として再認識して理解する。  
第2週 基本用語と考え方 制御系の基本用語と考え方を理解する。  
第3週 制御工学の歴史(1) 古代の制御装置の概要を理解する。  
第4週 制御工学の歴史(2) ワットの蒸気機関から古典制御確立の歴史を理解する。  
第5週 制御工学の歴史(3) サーボ機構とプロセス制御の歴史を理解する。  
第6週 制御工学の歴史(4) 現代制御,ポスト現代制御に至る歴史を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 制御系の表現方法(1) ラプラス変換の概要を理解する。  
第9週 制御系の表現方法(2) 主な基本要素の伝達関数を理解する。  
第10週 フィードバック制御系 1次遅れ要素を理解する。  
第11週 フィードバック制御系の応答 1次遅れ要素の性質を理解する。  
第12週 制御系のブロック線図 ブロック線図による表現を理解する。  
第13週 安定と不安定 制御系の安定性の概要を理解する。  
第14週 制御工学の応用事例 応用事例について学ぶ。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
履修上の注意 電子制御工学科の学生は受講できません。
学習教育目標 Bに対応 達成項目本科ハ)に対応 JABEE
認定基準
(B-3),(d)-(2)-a)に対応
教科書・参考書 参考書:示村悦二郎「自動制御とは何か」コロナ社
参考書:今井弘之「やさしく学べる制御工学」森北出版
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績70%、レポートの成績30%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。