共通 知的財産論 5年・前期・選択・履修1単位
担当教員 二瓶 充雄 連絡先 
講義の概要 ものつくりは有形財産、それを支える特許が無形財産(知的財産)である。
知的財産の概念を正しく理解し、技術者として、その重要性を学ぶ。
到達目標 1.知的財産制度の重要性を意義、歴史、国による違いを通して理解する。
2.知的財産に関する訴訟、法改正など日常の動きを新聞、報道等で知る感性を身につける。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 知的財産権とは 知的財産権の定義と種類について理解する。  
第2週 なぜ知的財産権が重要視されるのか 知的財産権の企業経営戦略上の重要性を理解する。  
第3週 特許、実用新案とは 特許、実用新案の定義を理解し、比較検討する。  
第4週 職務発明、未利用特許について 職務遂行の中で生まれた特許の取扱いを理解する。
未利用特許の活用について理解する。
 
第5週 意匠、商標とは 意匠(デザイン)、商標(マーク)としての権利を理解する。  
第6週 著作権とは 著作権の特異性と重要性を理解する。
ソフトウェアの権利を理解する。
 
第7週 (中間試験)またはレポート  
第8週 新しい知的財産権 バイオ技術、ソフトウェアなどのハイテク権利の特徴を理解する。  
第9週 特許調査 インターネットを使用したデータベース検索方法を理解する。特許調査の重要性を理解する。  
第10週 特許出願から登録まで、外国出願 出願から登録までのプロセスと外国での権利取得方法を理解する。  
第11週 特許ライセンスとは 特許発明を有償で他人に許諾する仕組みについて理解する。  
第12週 特許権の侵害、特許成立の阻止、係争 自分の権利、他人の権利、それらの紛争に関する諸問題を理解する。  
第13週 製品開発と知的財産 製品開発から特許創生にいたるプロセスを理解する。  
第14週 知的財産権の国際的な動き 米国、欧州、中国など国策と国際調和のジレンマを理解する。  
第15週 (期末試験)またはレポート  
第16週 総復習  
学習教育目標 Cに対応 達成項目本科ホ)に対応 JABEE
認定基準
(C-1),(b),(d)-(2)-d)に対応
教科書・参考書 教科書:『産業財産権標準テキスト 総合編』(経済産業省 特許庁 企画(独)工業所有権情報・研修館)
参考書:ダイヤモンド社技術情報編集部「知的財産権早わかり」
参考資料:新聞記事など
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験で行い、その平均が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
基本的事項については確実な理解に心がけること。
新聞等の知的財産権問題の報道について、普段から目を通しておくこと。
実社会において「知財の重要性」が増大していること及び「知財人材育成」の強化が叫ばれていることを認識して欲しい。