共通 人間と世界Ⅱ 4年・通年・選択・学修2単位
担当教員 桐生 貴明 連絡先 
講義の概要 日本最古の和歌集とされる万葉集の歌々を読み、古代日本人の喜怒哀楽、ものの見方や考え方を探る。その上で、現代日本人の思想とのつながりを考える。
到達目標 1、万葉集の和歌にふれ、その表現の仕方について理解する。
2、当時の人々の人間観、世界観などについて考えを深め、現代の人々との相違点を探る。
3、当時と現代の仮名表記や語の違いについて理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 ガイダンス  1年間の学習内容および方法について理解する。  
第2週 万葉集の概説1 時代背景の概観、成立について理解する。  
第3週 万葉集の概説2 万葉集の名義、構成について理解する。  
第4週 万葉集の概説3 代表的歌人について理解を深める。  
第5週 巻一・一番歌 雄略天皇御製歌を読み、巻頭に配される意義について考える。  
第6週       〃        〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 巻一・二番歌 舒明天皇御製歌を読み、国見歌について理解を深める。  
第9週       〃            〃  
第10週 巻一・一六番歌 額田王の「春秋」争いの歌を読み、詠者の季節感を知るとともに、当時の和歌のあり方について理解する。  
第11週       〃        〃  
第12週 巻三・三一七、三一八番歌 山部赤人の富士山の歌を読み、叙景歌について理解する。  
第13週       〃        〃  
第14週       〃        〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 巻十九・四二九〇~四二九二番歌 大伴家持の「絶唱三首」を読み、表現の繊細さを味わうとともに、当時の時代状況について確認する。  
第2週       〃        〃  
第3週       〃        〃  
第4週 茨城に関連する万葉歌(巻九を中心に) 巻九の筑波山関連の歌を読み、それらの歌意を理解する。また、常陸国風土記に見える筑波山の伝説などについても理解を深める。  
第5週       〃        〃  
第6週       〃        〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 茨城に関連する万葉歌(東歌・防人歌) 巻十四、巻二十に配される東歌、防人歌について理解する。また常陸国に関連する東歌、防人歌を読み、それらの歌意を理解する。  
第9週       〃        〃  
第10週       〃  
第11週 巻十六・三七九一番歌 他 竹取翁の歌を取り上げ、平安時代の「竹取物語」や今日我々が知る昔話(かぐや姫)との相違点について考える。  
第12週       〃        〃  
第13週       〃        〃  
第14週       〃        〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Eに対応
達成項目本科ト)に対応
JABEE
認定基準
(E-2),(a)に対応
教科書・参考書 教科書:中西進「万葉集」1、2(講談社文庫)
また必要に応じてプリント等を配布する。
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績80%、レポートなど提出物の成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
古代の人が残した歌であっても、現代人の心に通じるものがたくさんあります。万葉集に触れることで、皆さんの心の深奥に潜む、古代日本人から脈々と受け継がれる感性を掘り起こしてみましょう。
予習にて、授業で取り上げる各々の歌の大まかな意味(現代語訳など)を調べてきてください。また、復習にて、授業で取り上げた時代背景や関連事項についてを確認するとともに、自らの考えもまとめておきましょう。