共通 化学 2年・通年・必修・履修1単位
担当教員 渡邊 義孝、蝦名 不二夫、山形 信嗣 連絡先 
講義の概要 1学年で学んだ化学を基礎に、前期は各族の典型元素や遷移元素について、その単体や化合物の特性について解説する。また、後期では、有機化合物について、官能基別に基本的な構造、性質、反応性を解説し、日常生活と有機化合物の関わりを理解させる。
到達目標 1.元素の周期表を基にして、単体や無機化合物の性質を理解できる。
2.有機化合物の基本的な性質と反応性を理解できる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 § 無機物質 第1章 非金属元素 
1.元素の分類と周期表 2.水素
元素の分類と周期表、水素の性質と反応性  
第2週 3.希ガス元素 4.ハロゲン元素 希ガス単体、ハロゲン単体・化合物の性質と反応性  
第3週 5.酸素・硫黄 酸素・硫黄の単体・化合物の性質と反応性  
第4週 6.窒素・リン 窒素・リンの単体・化合物の性質と反応性  
第5週 7.炭素・ケイ素 炭素・ケイ素の単体・化合物の性質と反応性  
第6週  演習問題 これまでの内容の演習問題を解く。  
第7週 (中間試験)  
第8週 第2章 金属元素(1) 典型元素
1.アルカリ金属元素
アルカリ金属元素の単体・化合物の性質と反応性  
第9週 2.2族元素(アルカリ土類元素) 2族元素の単体・化合物の性質と反応性  
第10週 3.アルミニウム・亜鉛 アルミニウム・亜鉛の単体・化合物の性質と反応性  
第11週 4.スズ・鉛、演習問題 スズ・鉛の単体・化合物の性質と反応性  
第12週 第3章 金属元素(2) 遷移元素
1.遷移元素の特徴 2.鉄
遷移元素の特徴、鉄の単体・化合物の性質と反応性  
第13週 3.銅 4.銀・金 5.クロム 銅、銀、金、クロムの単体・化合物の性質と反応性  
第14週  演習問題 これまでの内容の演習問題を解く。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 § 有機化合物 第1章 分類と分析
1.有機化合物の特徴と分類
有機化合物の特徴、官能基と分類  
第2週 2.有機化合物の分析 有機化合物の分離・精製法、元素分析、組成式と分子式  
第3週 第2章 脂肪族炭化水素
1.飽和炭化水素(1)
アルカンの構造、性質、反応性、構造異性体  
第4週    飽和炭化水素(2) アルキル基、石油の精製、シクロアルカン  
第5週 2.不飽和炭化水素(1) アルケン、シクロアルケン構造、性質、反応、反応性  
第6週    不飽和炭化水素(2) 幾何異性体、アルキンの構造、性質、反応性  
第7週  演習問題 これまでの内容の演習問題を解く。  
第8週 (中間試験)  
第9週 第3章 アルコールと関連化合物
1.アルコールとエーテル(1)
アルコールの命名、分類、性質、反応性  
第10週    アルコールとエーテル(2) エーテルの製法、性質、反応性  
第11週 2.アルデヒドとケトン  アルデヒドとケトンの構造、性質、反応性  
第12週 3.脂肪族カルボン酸と酸無水物  カルボン酸の分類、性質、反応性、
不飽和ジカルボン酸、酸無水物、光学異性
 
第13週 4.エステルと油脂  エステルや油脂のケン化、セッケン、合成洗剤  
第14週  演習問題 これまでの内容の演習問題を解く。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:『化学』数研出版株式会社
参考書:『スクエア 最新図説化学』第一学習社
問題集『セミナー 化学I』第一学習社
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
日常生活に『化学』がさまざまなかたちで応用されていることを,身近な化学的事象の観察によって理解を深め,楽しみながら勉強して欲しい。演習用に上記問題集を活用すること。