共通 現代社会 2年・通年・必修・履修2単位
担当教員 神山 和好 連絡先 
講義の概要 1.経済の学習。市場メカニズム等の経済の基本原理、戦後日本経済の発展の歴史および現代日本経済の諸問題、国際経済の基本原理と諸問題を学ぶ
2.倫理の学習。手本となる(なりうる)先人の生き様を学ぶ
到達目標 1.経済の基本原理を理解する。日本経済および国際経済の諸問題と課題を理解する
2.先人の生き様にふれることを通して、倫理の基本原理を理解する
3.パワーポイントを用いたプレゼンテーションに慣れる
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 イントロダクション 授業の構成  
第2週 現代の企業 株式会社のしくみ  
第3週 市場機構 競争市場,均衡価格、生産の集中、反独占政策  
第4週 市場の失敗と政府の役割 政府の必要性  
第5週 財政と財政政策 政府予算のしくみ 公共事業、増減税  
第6週 日本銀行と金融政策 日本銀行の役割、財政赤字の問題  
第7週 (中間試験)    
第8週 戦後日本経済の発展 高度成長から安定成長への移行
バブルの崩壊と平成不況
 
第9週 国際化の波 国際収支のしくみ  
第10週 為替相場の変動と貿易収支 為替レートはどのように決まるのか  
第11週 IMF・GATT体制とIMF体制の動揺 戦後国際経済体制の変遷  
第12週 GATTの発展とWTO FTA グローバル化  
第13週 労働問題 労働基本権、労働三法、不当労働行為、人事院勧告制度  
第14週 社会保障問題 少子高齢化と各種社会保障制度  
第15週 (期末試験)    
第16週 総復習    
後期 第1週 イントロダクション 倫理とは何か
プレゼンテーションの技術 KISS
 
第2週 ソクラテス1
ソクラテス2
古代ギリシャ 神話 悲劇 哲学
対話法 無知の知
 
第3週 カント
アダム・スミス ベンサム
道徳律
不偏な傍観者 功利性の原理 ロールズ
 
第4週 釈迦
親鸞
平等の思想 
笠間稲田の親鸞
 
第5週 良寛
生命倫理
五合庵 禅
バイオテクノロジー
 
第6週 技術者倫理1
技術者倫理2
チャレンジャー号爆発事故
シテーコープタワー:設計不備の公表
 
第7週 (中間試験) コメント表提出(中間試験は実施しない)  
第8週 保科正之
坂本龍馬
パクス・トクガワーナ
海援隊 船中八策
 
第9週 岩倉使節団
渋沢栄一
サムライ達の地球一周
論語と算盤
 
第10週 白洲次郎
豊田喜一郎
敗戦と復興
トヨタ自動車
 
第11週 井深 大
島 秀雄
ソニー 
新幹線
 
第12週 出光佐三
本田宗一郎
海賊とよばれた男 士魂商才
CVCCエンジン
 
第13週 鈴木敏文
スチーブ・ジョブス
セブンイレブン
アップル
 
第14週 アラン・チューリング
マーク・ザッカーバーグ
人工知能
Facebook
 
第15週 まとめ コメント表提出(期末試験は実施しない)  
第16週 総復習    
学習教育目標 C,D,Eに対応 達成項目本科ホ)、ヘ)、ト)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:「現代社会」(数研出版)
参考書:「現代社会整理ノート」(数研出版)
参考サイト:「国際人養成講座」(http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm)
評価方法及び合格基準 後期の倫理の学習は,(グループによる)発表形式により行います。また、各項目についてまとめたノート(コメント表)の提出をもとめます。ノート(コメント表)提出および,前期の2回の定期試験の成績と発表点の平均をもって学年成績とします。60点以上で合格です。ノート(コメント表)の不出来は減点の対象となります(最大20点の減点)。学生諸君の希望等により後期の発表項目、順序が変わることがあります。
学生への
メッセージ
パワーポイントファイル作成にあたっては、まず上記「国際人養成講座」を参照してください。そこに記事が見当たらない場合、教員に相談してください。