共通 国語 2年・通年・必修・履修2単位
担当教員 瀬尾邦雄 連絡先 
講義の概要 日中の文学素材・古典素材等を通じ両国の文言の論理性、表現の巧みさ、韻律の力強さ、直截性、清新性等について、その精神性を踏まえながら講義していくことにする。
到達目標 文学素材・古典素材等を通じ人間の英知や知的格闘、更には精錬された日本文化の輝きを修得していく。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 (短歌、俳句)葛の花・雲の峰 近現代の韻文を読み日本人の持つ美意識・リズム感・日本人の持つ自然観と人生について学習する。  
第2週     〃     〃  
第3週     〃     〃  
第4週     〃     〃  
第5週 (故事)漱石枕流  故事成語の成立由来と日本文化への影響性等について検討する。  
第6週     〃      〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 (随想)本を積んだ小舟ーファーブル「昆虫記」 抒情文学に展開される日本人の生と死、更には優れた日本人の美的表現を学習していく。  
第9週     〃     〃  
第10週     〃     〃  
第11週     〃     〃  
第12週 (日記)更級日記(門出) 基本的な日記文学を読み、近世日本人の思考の原型となる平安人のものの見方・考え方・物語観・家族観・旅行観等を学習する。また作者の父常陸介と茨城県との関係性についても触れることにする。  
第13週     〃     〃  
第14週     〃     〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 (詩)小景異情 韻文の持つ魅力に触れる。また詩の持つ直截性、正鵠性、清冽性、清新性等についても学習する。  
第2週     〃     〃  
第3週     〃     〃  
第4週 (漢詩)桃夭     〃  
第5週     〃     〃  
第6週     〃     〃  
第7週 (中間試験)  
第8週 (評論)コピーの芸術 コピー文化を通じオリジナルとコピーの文化比較論を学習することにする。  
第9週     〃     〃  
第10週     〃     〃    
第11週     〃      〃  
第12週 (史伝)四面楚歌 四面楚歌を素材に、史伝の面白さや故事成語の形成過程を学習することにする。  
第13週     〃     〃  
第14週     〃     〃  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Fに対応 達成項目本科チ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:「新精選現代文」(明治書院)、「新精選古典」(明治書院)
参考書:「新総合図説国語」(東京書籍)
評価方法及び合格基準 評価は定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生への
メッセージ
日本の文学、中国の古典等を踏まえ、その奥底に流れる人間の精神性と知的闘争・知的展開等を覚知することと、更には相互の文化性について認識することが重要。