共通 保健 1年・通年・必修・履修1単位
担当教員 荒井 信成 連絡先 
講義の概要  健康と安全に関する基礎的・体系的な知識を学ぶことにより,現代社会における諸問題を認識し,これらを科学的に思考し,正しく判断し,個人および集団生活の中で適切に対処できる態度を養う。
到達目標 1.現代社会のなかで,心身ともに健康的な生活を送るために,私たちは何をすべきか。
2.自然環境を保全するために,私たちがすべきことは何か。
3.生涯を見通した健康生活の設計には,何が大切か。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 1.現代社会と健康  
 (1)健康の考え方と成り立ち
WHO憲章、生きがい、生活の質、主体要因、環境要因  
第2週  (2)私たちの健康のすがた 健康水準、平均寿命、乳児死亡率、健康指標、感染症、生活習慣病、健康寿命  
第3週  (3)健康に関する意志決定・行動選択と環境づくり 意志決定・行動選択、個人的な要因、社会的な要因、自然環境、社会環境、ヘルスプロモーション  
第4週  (4)生活習慣病とその予防 生活習慣病、がん、心臓病、脳卒中、脂質異常症、糖尿病、歯周病、健康診断  
第5週  (5)食事と健康 栄養素、成長期、肥満、やせ、貧血、ダイエット、生活習慣病、骨粗しょう症、サプリメント  
第6週  (6)運動・休養と健康 有酸素運動、筋肉に強い負荷をかける運動、ストレス、心の健康、運動不足、休養、疲労、睡眠  
第7週 (中間試験)  
第8週  (7)喫煙・飲酒と健康 ニコチン、タール、一酸化炭素、がん、心臓病、受動喫煙、アルコール、イッキ飲み、依存症  
第9週  (8)薬物乱用と健康 脳に直接働きかける性質、人格破壊、依存症、個人への対策、社会環境への対策  
第10週  (9)感染症とその予防 病原体、感染、感染症、感染経路、免疫、再興感染症、新興感染症、感染源、検疫  
第11週  (10)性感染症・エイズとその予防 性感染症、エイズ、HIV、HIV抗体検査  
第12週  (11)欲求と適応機制 欲求、生理的欲求、心理的欲求、欲求不満、葛藤、適応機制  
第13週  (12)ストレスとその対処法 心身相関、ストレス、心身症、原因への対処、気分転換、リラクセーション、自己実現  
第14週  (13)交通事故 主体要因、環境要因、車両要因、刑事上の責任、民事上の責任、行政上の責任  
第15週 (期末試験)  
第16週  (14)応急手当の意義とその基本、心肺蘇生法 応急手当の意義、AED、心肺蘇生法、安全の確認、反応の確認、呼吸の確認、回復体位、  
後期 第1週  (15)日常的な応急手当 止血、固定、安静・冷却・圧迫・挙上、熱中症、体を冷やす  
第2週 2.生涯を通じる健康  
 (1)思春期と健康
思春期、性ホルモン、性周期、基礎体温、  
第3週  (2)性への関心・欲求と性行動 性意識の男女差、セクシャルハラスメント、性情報、性行動、望まない妊娠、性感染症  
第4週  (3)妊娠・出産と健康 受精、妊娠、出産、マタニティーブルー、母子健康手帳  
第5週  (4)避妊法と人工妊娠中絶 家族計画、コンドーム、ピル、人工妊娠中絶  
第6週  (5)結婚生活と健康 結婚、性機能の成熟、精神面での発達、健康状態の把握、良好な人間関係、家族の健康への責任  
第7週 (中間試験)  
第8週  (6)中高年期と健康 老化、骨粗しょう症、健康診断、生きがい、リハビリテーション、ノーマライゼーション  
第9週  (7)医薬品とその活用 医療用医薬品、一般用医薬品、副作用、薬害、自然治癒力、お薬手帳、医薬分業  
第10週  (8)医療サービス・保健サービスとその活用 医療機関、医療保険、かかりつけ医、インフォームドコンセント、保健行政、保健サービス、健康相談  
第11週 3.社会生活と健康
 (1)大気汚染と健康
大気汚染物質、浮遊粒子状物質、ダイオキシン、光化学オキシダント、温室効果ガス、地球温暖化、酸性雨  
第12週  (2)水質汚濁、土壌汚染と健康 重金属、有機物、富栄養化  
第13週  (3)環境汚染を防ぐ取り組み 排出基準、環境基本法、予防原則、産業廃棄物  
第14週  (4)食品の安全を守る活動 食中毒、食品添加物、輸入食品、食品衛生監視員、検疫所、食中毒予防の三原則  
第15週 (期末試験)  
第16週  (5)働くことと健康 ストレス、疲労、労働災害、職業病、作業形態、作業環境  
学習教育目標 人間性の涵養に対応 達成項目本科 ヌ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書  教科書:「最新高等保健体育」(大修館書店)
 参考書:「図説最新高等保健」(大修館書店)
評価方法及び合格基準 成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上のものを合格とする。
学生への
メッセージ
 若い年代の生活習慣は,その後の健康や安全に大きく影響します。保健の知識を生かし,規律ある生活習慣の実践を望みます。